ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

あの修学旅行も、結句、良い思い出だ。

今週のお題「修学旅行の思い出」 安曇野は快晴だ。 山頂の雪のなんとハッキリと見えることか。 ガードレールや標識の影のなんと濃く見えることか。 誠によく晴れた。 今日は旅立つのに晴れやかな日だ。 今から、長野県から大阪府へ向かう。 旅というのは、良…

部屋は、散らかったままの方が、居心地が良い!

今週のお題「お部屋自慢」 あー、成る程?「お部屋自慢」ね、成る程ね。 インテリアのどうのこうのね?分かる分かる。 中々良いチョイスじゃないですか、はてなブログ運営さーん? DIY好きなら、それはもう凝って作った棚とか机とかを紹介すれば良い。 ミニ…

大変おかしな夢を見た、それだけの話だ。

夢の話でもしよう。 私が何処かのコンビニで煙草を買おう、とする所から夢が始まる。 因みに、私は嫌煙家だ。 他の人が煙草を吸うのは構わないが、私が煙草を吸うことは一切ない。 夢の中の私は、スーパーのレジ横にある棚に置かれているガムやゼリー飲料の…

散り散りに、誰かの記念日を想う。

昨日は誰かの記念日だったようだ。 31年前の日が昇る頃合いの出来事だった、と聞いている。 そんな誰かの記念日を祝おうとする奇特な人たちがいる。 それに対して、私自身に当て嵌めて、考えてみる。 散り散りに、誰かの記念日を想う。

鏡に映る姿は、私と「私」との距離を表している。

見えている「私」を取っ掛かりに考える。 道の真ん中に点々と田んぼの泥土が溺れ落ちている。 日に晒されて白くなったその土の上を、幾つもの自動車が通り過ぎる。 田んぼを見れば水を引き入れており、その水面に見事な鏡として、空と雲と山を写している。 …

恋文では断じてないが、あなたを想って。

今週のお題「あの人へラブレター」 今週のお題が、ラブレターとある。 5月23日が「こ、(い)、ふ、み」となるからだそうだ。 鍵のかかったドアを斧を振り下ろしてこじ開けるような、強引さを感じる。 蔑ろにされた「い」の気持ちをもっと考えて欲しい。 そ…

私に転機はない。

私に転機はない。 「転機」、それは人生や価値観が変わった出来事で、それ以前と以後を分ける瞬間だ。 人生は長い、あの瞬間が私の転機だった、と述懐することはあるやもしれない。 しかし、私に転機と呼べるような特別な瞬間は未だ訪れていない。 齢30の私…

何気ない母との会話。

今週のお題「おかあさん」 改めて、母に伝えたいこと…ないなー、ない。 姉や妹は知らないが、私が母に対して抱く感情は特にない。 可もなく不可もなく、母は母だ。 5月13日が「母の日」だから、こういうお題になるのだろうか? 行事は好きな私だが、別に「母…

無意味な記事でも、継続すれば自信になる。

1.湯船に浸かってゆるりと考える。 銭湯で身体の垢を落とし、一頻り寛いだ。 ああ、休日だな、と心の垢も落ちる。 そうして過ごすと、色々な考えが浮かんでは沈んでいく。 ふと、私の将来について思いを廻らす。 私はこれからどう生きようか? 湯船から溢る…

私のゴールデンウィークは、こんな感じだ。

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」 ゴールデンウィークのネタが来るとは… いや、むしろ、予期できたことだ。 大型連休で行った、やったはネタの宝庫だろう。 それにしても、ゴールデンウィークは何時から何時までだったか? 調べて見ると、暦上4月28日か…

もっとネガティブでいこうよ!

当ブログは、ネガティブ方向にポジティブだ。 後ろ向きに全力を傾けている。 私自身に対して、認識の深堀りに注力している。 そのブログをその時々の気分によって、検索することがある。 「ネガティブ方向にポジティブ」と当ブログの名前を検索窓に軽快に打…

「私」に「名前」は要らない。

「名前」と「私」の関係を取っ掛かりに考える。 帰路の途中で立ち止まる。 長い旅路になるのは、もう分かっている。 月でも眺めながら、のんびり休むことにする。 休みながら、頭は想像する。 「私」とは一体、何なのか? 記憶するのにあるシステムの一部な…

色んな物が溢れた、私のカバンは、良いカバンだ。

今週のお題「カバンの中身」 普段使っている、カバンの中身…? はて、そんなのに興味があるだろうか? など、私は他人のカバンの中身に興味津々だったりする。 カバンの中身が大体の人柄を表す、などと何処かで聞いた風な口で言う。 この言は、しかし、遠か…

何か買った5枚のCDから、何か良い感じの歌をセレクトした。

今週のお題「わたしの春うた」 今週のお題に提示されたのが、「新しい環境での生活を応援してくれる、そんな「わたしの春うた」を教えてください」である。 新しい環境での生活を応援してくれる音楽を紹介してくれ、ということだろうか? いや、困った、私は…

霊は、現世に「生きた証」を留めようとするものである。

霊を取っ掛かりに考える。 長文のため、「目次」と「続きを読む」の機能を使用する、当ブログでは初めてだ。 記事を読まなくても、結論がタイトルに書かれているから、「そうなんだな」と流してもらっても良い。 どうして、そうした思考に行き着いたかは、本…

私の名は、「上の小枝の怠け者」だ。

今週のお題「自己紹介」 4月、それは出会いの季節だ。 新しい環境で、新しい生活を始めれば、新しい出会いがある。 そして、新しい出会いがあれば、お互いに自己紹介をする流れになるだろう。 だから、今週のお題が「自己紹介」なのは至極当然の流れだ。 し…

生まれ変わりについては、老後の宿題にさせて欲しい。

生まれ変われるとしたら、何に成りたいか? 数ある在り来りな質問の1つだ。 転生物がライトノベルの代表ジャンルになる位には、1度は考えること事柄だ。 この質問は人間か、それ以外かの2択とも言える。 もっと言えば、もう1度人生を謳歌したいか、絶望しか…

桜の木の下のお花見では、飲食を全面禁止にすべし。

今週のお題「お花見」 玄関から出ると、庭先にある梅の木に数輪、白い花が咲いていた。 ああ、春が来たのか、と少し眺めた。 ジャケットのポケットから安物の黒いネックウォーマーを取り出し、頭から首へと通す。 首回りをすっぽりと覆い、一度、愛犬に頭を…

私は脆弱な精神と夢を矛と盾にして、現実から生き延びる。

現実と夢を取っ掛かりに考える。 4月はそこまで来ている。 新しい環境で、素晴らしい夢と、誇らしい自分をそれぞれの胸に抱き、始まりの1歩を踏み出す。 そんな若々しさを盾にできていた時期は遠に過ぎ、見慣れた環境で、萎んだ夢と、嘆かわしい自分を突き付…

人並みの生活など、私にできる訳ない。

特別編、なのだろうか? お題が「私の一人暮らし」とある。 今週のお題とは別な気がするが、何か書いた方が宜しいだろうか? ふと、Facebookのノート機能に、一人暮らしについて何か書いた記憶が蘇った。 すわ、ちゃっちゃと探すと、2015年12月に横浜市に住…

ホワイトデーのお返しは、本命チョコに費やされた「時間」を3倍にして返そう。

今週のお題「ホワイトデー」 バレンタインデーがお題になったのだから、当然、予測できたお題だ。 ホワイトデー、どうも日本国特有らしい。 マシュマロをお返しにすると書いてあったのは嘘だったのか?と以前何処かで読んだ記事を思い出し、首を傾げる。 そ…

ひな人形は通年で飾って、毎日を祝おう。

今週のお題「ひな祭り」 3月3日はひな祭りであった。 ひな人形を飾り、ひなあられをぽりぽりと食べる日だ。 そして、男である私には元来、関係のない日だ。 しかし、2つ上に姉、4つ下に妹がいる私にとって、ひな祭りはそこそこ因縁がある。 私は母がせっせと…

にゃんにゃんにゃん、にゃーにゃんにゃー。

今週のお題「ねこ」 去る2月22日は、猫の日だったらしい。 「2」が「にゃん」に相当する、らしい。 その「2」が揃っているから、猫の日、らしい。 「今週のお題」のテーマが「ねこ」なのは、2月22日が木曜日だったから? …本当にそうなのか? 2月22日が木曜…

表彰状を貰うのがゴールじゃない、スタートだ。

今週のお題「表彰状」 気のせいか、外の寒さが和らいでいるように感じる。 梅はそろそろ咲いても良さそうではあるが… もう10日も過ぎれば3月、春の到来を期待しても良いだろうか? さて、今週のお題が「表彰状」とある。 この時期で言えば、オリンピックが真…

義理チョコは、本命チョコを手渡す中高生にとって、必要だ。

今週のお題「バレンタインデー」 やはり、と言うべきか、「今週のお題」が「バレンタインデー」だ。 どいつもこいつも浮かれやがって。 そのまま弾けて、お星さまにでも成りやがれってんだ。 年齢=独身の私にとって、縁が薄いイベントの一つだ。 30年生きて…

豆まきを形骸化させないために、結婚しよう。

今週のお題「ゲン担ぎ」 目が冴える夜明けの風に、吐く息を乗せて歩く。 細く白い息に仕事の疲れも含まれていることだろう。 風に乗っている間に、疲れが霧散する光景を想像する。 2月3日は節分、験担ぎの風習だ。 一般的な節分と言えば、鬼に扮した大人に子…

「アイドル」が歌う無償の愛は、無情な世の中に必要だ。

今週のお題「私のアイドル」 ぐっすり寝て、少しばかり身体が軽くなった。 1日だけでは足りないが、しっかりと寝れるのは良いことだ。 明日の出勤まで、たらたらと過ごすことにする。 さて、私が話の種を探し求めて彷徨いているのは皆さんのご存知のことだろ…

暗闇は、都合良く、自分本位な私を隠す。

暗闇を取っ掛かりに考える。 1月12日の夜更けに、私はオープンマイクのイベントに参加していた。 誰でもステージの上で好きにパフォーマンスができるオープンマイクは、様々な背景の人たちが参加する。 「ステージに上がりたい人は挙手で」と主催者の方が声…

「朝」は朝であり、朝でしかない。

世界の見え方を取っ掛かりに考える。 以前、「美しい、綺麗な」文章を私が書いていると、幾人かに言われたことを記事にした(下記リンク参照)。 uenokoeda.hatenablog.com それらのやり取りの中で、私自身が、どう世界を捉えて、見ているのか?の視点につい…

私は、罪を告白しなければならない。※閲覧注意※

とある人に、一足早いクリスマスプレゼントをもらった。 私が「旅先でよく写真を撮るためにスマートフォンの電池の減りが早い」、と言ったからか、モバイルバッテリー。 モバイルバッテリーの説明と、端的に書かれた感謝の言葉を綴った手紙。 モバイルバッテ…