読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

歩いていたら急に底が抜けてしまう。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

靴についてでも書いてみます。

 

普通の人がどの程度の頻度で買い替えているのか知りませんが。

私は出来得る限り長く使い続けます。

 

靴も例外なく、です。

普段履き用と雨で濡れた時の換え用と冠婚葬祭の革靴の3足だけ。

普段履き用は365日の内360日位は履いて酷使します。

それで底が目減りして穴が空く程度には履き潰します。

ブラック企業並の劣悪な環境に私の靴は置かれてます。

 

それでも私は不満なんですよね。

夢想するシチュエーションが起こらないんですもの。

あ、夢想するシチュエーションって言うのは「歩いていたら急に底が抜けてしまう!」と言う漫画である光景です。

でも、実際は親指下の部分とか踵部分に穴が空くだけで、靴周りからベローンと剥がれることってないんですよね…

まあ、実際に底が抜けたら、外にいるでしょうから相当困ったことになるでしょうけど。

 

昭和ならあるんでしょうね。

平成の今、底が抜けるような靴は多分ないのでしょう。

どれだけ歩いても、底が抜けるギャグにはならない。

いっそ、自分で靴に加工すれば良いのかもしれませんが、ヤラセですし。

 

歩き続けても辿り着ける訳ではない、つまりはそういうことです。