読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

気になることを書く人たちがいるんです。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

手紙について書きます。

 

レター用紙に文字を書いて、封筒に入れ、宛名と切手を貼った物。

こう書くと「手紙」を物扱いするのはどうなの?と思わなくもない。

けど、届いた物はそれで完成品であるので、やはり「手紙」は一まとめで良い気もしなくもない、です。

 

高校を卒業した辺りから数通、名古屋へ行った悪友と手紙のやりとりをしたことがあります。

昔からダラダラと余計なことを書いてましたが、相手の事を考えて文章を綴るのは中々乙な体験でした。

向こうも「なんか良いこと書いてたことがあった」と言われたことがあったけど、何を書いたのか思い出せませんし、向こうもどういったことか忘れてました。

青春、なんですかねー。今でも一番古い付き合いです。

 

時代が変わって、今やLINEが主流、なんですかね?

繋がりが過多になりつつあるような気もするんですけど。

 

そう言えば、SNSに偶に届くメールで毎回、気になることを書く人たちがいるんです。

 

1、知らない人から友達申請される。→許可する。

2、SNSだとメールが見れないからLINEをしよう!

3、私はつい最近まで(2016年9月)までガラパゴス携帯電話で、LINEをしていない旨を伝える。

4、大抵、退会される。

 

この2、の部分。ガラパゴス携帯電話に届くメールにも「機械の調子が悪くてメールが見れないからLINEを教えて」とかの亜種があるんですけど。

そんなにLINEがしたいの?とか考えちゃうんですけど。

と言うより、SNSでもガラパゴス携帯電話のメールでもそんな調子の悪くなることってあるんかな?とか。

因みにメールのやりとりが盛んになるとブログへの友達申請に誘導されます。

 

それで、携帯電話をスマートフォンに替えてLINEデビューしましたら。

知らない人からLINE登録をお願いされて、許可しまして。

LINEだと調子が悪いからブログに入って!と言われ。

…あれ?LINEでも調子が悪くなるんだ。と目から鱗。

そして、内容がほぼ似通っている、というかブログへの友達申請に誘導されたんだけど?

 

んー、これが手紙ならまだ浪漫がありそう…?例えば…

知らない人から手紙が届く。→返事。

私のことを知らない。(住所は生まれてから同じ)

筆の調子が悪いから、〇〇屋に行ってほしい。

あ、これホラーだ。

 

LINEだから勝手に表示されることから違和感がない人もいるかもしれませんが、元を書き直すと世にも奇妙な物語ですからね!

 

繋がり易さと代替えに怪しい人間との距離も近くなった現代。

何かあっても、自己責任。そこを忘れないように心がけよっと。