読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

SNSで「死にたい」と言う奴は死ねば良い。

ドアノブを取っ掛かりに考えました。

 

他の者を拒絶するドアの向こう、別の空間へとアクセスするための取っ掛かりとなるドアノブ。

まあ、我が家だとトイレへの道、便意からの解放にドアノブがないときっと絶望するでしょう。

 

ドアノブと言うと首吊りが出来るらしいです。

確か「ツレがうつになりまして」でドアノブにネクタイを引っ掛けて死のうしていたって描かれていたのを読んで。

「へえ、ドアノブでも良いんだ。覚えておこう」と考えてました。

梁は高いですからね、縄で作るのには高いですし、大変。下ろすことを考えると楽な方が良いですし。

ドアノブなら割とお手軽に出来るし、人の通りを考えれば、運搬もスムーズに出来そう。

 

そうそう、以前から書こう書こうと考えていたことがありまして。

ブログは逆張りをすると良いみたいな?

あと、私は極論好きってのもありますけど。

 

SNSで「死にたい」と言う奴は死ねば良い。

 

と考えてます。

だって死にたいと宣うなら死ねば良いじゃん?

死なないのは逆説的に死にたくないってことになる訳ですし。

 

と偉そうなこと言ってますけど、そんな私も死にたがりです。

だって、社会の無情さに嘆いて、自分の至らなさに踞って、神も仏を存在しない世界で「生きよう」とか夢見れますかって話ですよ?

私の場合は自分の無能さに辟易していて、死んだ方が世の中のためになることは自明なんですよね。

 

じゃあ、何で死なないの?ってなると死んだら死んだで社会に迷惑かかるから。

死体の処理とか事務の処理とか、税金とか荷物の整理とか…すっごい迷惑。

それから、死ぬ事自体が面倒、てのはあります。

先のドアノブのようなお手軽さを覚えていますけど、用は手順があるのが面倒。

さくっと死にたいんですよね、どうせ死ぬなら。

そう言う意味では電車の飛び込みが良いんですけど、別の意味でこの方法は論外なんですよね…

 

どうせ迷惑をかけるのなら盛大に迷惑をかけてから死のう、と考えてとりあえず100歳を目指しています。

死ぬのは怖くない…というと嘘になるけど、誰かに刺されてしまっても冷静に死を受け止められる自信はある。

いや、多少「どうしよう、これ?」とか困惑するだろうけど。これ受け入れられているかな?まあ、何とかするか。

今まで自傷行為等して死ななかったから説得力皆無だし、自分自身の気持ちさえ疑わしいけど、「ああ、死にたいな」とは常に本気で考えています。

 

さて、そんな私から見たSNSでの「死にたい」発言。

繰り返しますけど、死にたいなら死ねば良いじゃん?

それをわざわざSNSに投稿する理由は何なのか?

様々な理由があるでしょうけど…

 

一つ、構って欲しい。

死ぬ死ぬ言えば、人生に前向きな方々が「あなたが死ねば悲しむ人がいる!」とか「生きることはそれだけで尊い」とか言って構ってくれます。

最初は効果がありますが、頻発するとだんだん構ってくれなくなるから、構って欲しいならこの発言は切り札にした方が良いのにな、と。

 

二つ、無自覚な言葉のチョイス。

「死にたい」という言葉を何となく書いて。特に読み返すことなく、そのまま投稿。

それに近似する言葉を使っちゃう人が意味もなく周りをビクビクさせている?

まあ、これもその人の言葉をよくよく読めば解決な訳ですから。むしろ読み手の問題か。

 

三つ、死ぬことへの表明。

文字にすることで気持ちの固持すること。PCにデータとして残すと言う意味合いもあるかもしれません。これ位から準備していたんだろうな、とか後で解析させるために。

何でSNSでそんなこというんだろうか?街中で「私は自殺します!」と宣言する人に何か助言しに行く人は皆無でしょ?まあ、放っとけば良いんです。

 

本当に死にたいのなら口に出すより行動に移した方が早い。

それこそ真性の死にたがりは誰にも言わず、ひっそりと死に逝くものです。

「死にたい、死にたいと言っている内は死ねない」(ブギーポップのペパーミントの魔術師だったかであった台詞、多分)と「死」を意識している時点で「生」も意識してしまっていることが死ねなくなるとか…だったっけ?

つまり、言葉で「死にたい」と言っても「どうせ、死ねないんでしょ?」というのがある訳です。

「死にたい」という能動的な言葉に対してそれを発している人間は受動的である、とは面白い点ではないでしょうか。

斯く言う私も受け身人間で、死が向こうから訪れるのを待っているんですよね。

人間は自殺が出来る種、理性で死を迎えることが可能、アクティブに死ぬことは悪くない!

 

ただ、言葉にする、思考するために「死」を意識することは大事だと考えます。

「死」のこと無しに自身の存在を確立し得ないから。

また、この発言で周りの反応が伺い知ることが出来るのは良いことです。

即ち、人は関わりの中で人として成り立っていることを知れる訳です。

 

故に、SNSの「死にたい」発言自体は否定しません。

それによって、考察し、本当の願望と向き合えるならば。

ただ、既に既定路線、つまり死ぬことを決めているならば。

 

三度繰り返しますが、死にたいと、否、死ぬと決めているなら死ねば良いじゃない?

無駄に周りを不安にさせて、どうしたいのよ?

やっぱ構って欲しいの?そうなの?なら構ってやるけど?程々に。

 

あー、こんなクソ記事書いて、死にたいわー。あー、死にたいわー。

ま、まだ死にませんけど。