読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

漫画と小説は全くの別物だ。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

本を取っ掛かりに考えます。

 

単語と単語を組み合わせて一つの文を作り、文と文を組み合わせて一つの世界を作り、その世界に感情を揺さぶられ、無知を知ることができる本。

とか偉そうに言うけど、私の読書は9割漫画ですけどね!

 

あ、《ブログチャレンジ》です。頑張ります。

と言っても、9割方漫画の私ですから、漫画を紹介した方が良いんでしょうかね?

でも、「プレゼント」…ですか…ぬう。

 

本を勧めるってなると難しいですね。

何せ文字を追うのが嫌って人もいるでしょうし。

漫画の文字さえ読むのが苦痛という人もいるらしいですし。

 

面接とかで「趣味は?」と聞かれて「読書です!」と答える人だって。

小説とかじゃなくて実は漫画だけしか読まない人もいるでしょう。

まあ、私の場合「漫画集めです!」と返答してますけど。

 

と言うか、活字限定なのか?いや、単に「本」としか書いてないから漫画でも良いのか。

…ふ、言葉の不完全さがここで露わになったな!

貴様の負けだ、はてなブログぅぅうッ!

って、別に勝ち負けとか意味ないか。むしろ限定していな、い可能性が…?

謀ったな、はてなブログぅぅううッッ!?

 

…ふう。まあ、あえて言うけれど、あえてね?

 

漫画と小説は全くの別物だ。

 

本は本でも全然違うよ。

ほ乳類はほ乳類でも犬と猫は一緒じゃないでしょ?

電化製品は電化製品でもノートパソコンとスマートフォンは同じではないよね?

漫画には漫画の、小説には小説の良さがある。

 

…まあ、それでもプレゼントね。まあ、好みとか知らないから完全に私の趣向で選ぶけど。 

 

1、カオスノート(漫画)

f:id:uenokoeda:20160927013111j:plain

 

おおっと、画像がデカい…済みません。

えっと…早速紹介させてもらいます。

 

吾妻ひでお氏をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

失踪日記」、「アル中病棟」で実話体験のレポ漫画で有名な人です。

はい、割と駄目人間な分類の人ですね(微笑)

 

その吾妻ひでお氏が描く『めくるめくセンス・オブ・ナンセンス』な世界。

とにかく発想が面白い。着想が独特で面白い。それを絵で表現されて面白い。

そして、ナンセンスなアイディアが一つで終わらない。ページをめくる度に飛び交う不条理のオンラインショップ。

帯の煽り文句『めくるめくセンス・オブ・ナンセンス』に偽りなし。

ナンセンスギャグ漫画の表現の極致と言っても過言じゃない。

突飛な発想をお求めなら是非お勧めしたい作品です。

 

2、さよならもいわずに(漫画)

f:id:uenokoeda:20160927014930j:plain

 

続きましても漫画です。

ハハ、何が悪い(半切れ)

 

上野顕太郎氏…についてはギャグ漫画家らしいことしか知らない。

私の場合、基本ジャケ買い、「あ、これ面白そう」で買っています。

この漫画は表紙の水っぽいのが気に入って買いました。

そして、内容は重く、悲しい。

上野顕太郎氏の愛妻が亡くなった、実話です。

作者の「悲しみ」がズシッと伸し掛かるような、そんな作品。

気軽には手渡せないけど、誰か大切な人がいるなら読んで欲しい作品です。

 

3、わたしの宇宙(漫画)

f:id:uenokoeda:20160927020517j:plain

 

3作品目はこちらを紹介。

マイナーな作品ばかりな気がするが、気にしない!

 

全2巻のこの作品、簡潔に言うと

「主人公及び主要キャラクターが自分の生きている世界が「漫画」であると自覚している漫画」

漫画の中で時折メタ発言をして、所謂作者の言葉をキャラクターに言わせるなんてことがありますが。

この漫画は前提である世界観そのものをメタ化、キャラクターが「漫画のキャラクター」であることを自意識するという意欲作なんです。

吹き出しを「見る」ことが出来るし、主人公は作者に会いに行ったりする。

漫画好きなら読んで欲しい作品。2巻だし、サラッと読めるのも勧め易い、かな?

 

4、くじけないで(詩集)

f:id:uenokoeda:20160927022100j:plain

 

ここに来ての変化球?まあ、こんなん読みますよ?的な?

いや、「プレゼント」で詩集は痛いか?まあ、いいや。

 

柴田トヨさん、この本が出版されたときは98歳。処女本。

瑞々しく温かい、気持ちの良い詩が綴られてます。

元々は新聞投稿かららしいですが、やはり才能は埋もれないものですね。

表題になった「くじけないで」は心に沁みます。

個人的には「神様」と「二時間あれば」が好きです。

落ち込んでいる人に読んでもらいたい詩集です。

 

5、言ってはいけない(新潮新書

f:id:uenokoeda:20160927023448j:plain

 

ラストはこの本を紹介します。

紹介するべきかどうか…プレゼントには不向きだろうけど。

 

書店の棚にランキング14位(だったハズ)って貼っているくらいには売れているらしい。

じゃあ、どう言う本?と言うと。まあ、「不愉快な真実」って奴で。

遺伝子のことをデータを元に書いているんですけどね?

えげつないです。何がえげつないって…「バカは遺伝する」、「犯罪人の血は遺伝する」ってことを書いている訳ですからね。

まあ、私はやはりそうか!と得心したものですけど←

勉強が努力しても出来ない人間は存在する、そのことは私は結構重要視しています。

何故なら、「ならどうすれば良いのか?」という契機になるからです。

勉強が端から無理なら、別の事に早々にシフトさせることが出来ますし、周りの理解も得られる可能性があります。

教育を真面目に考えるならば、無視してはいけない。故に読んで欲しい本です。

 

とここまで書きましたけど。

どうなんしょ?まだ始めたばかりのこのブログでこんな紹介しても…

…まあ、誰か気にして読んでくれるかも?

 

未だ見ぬ本の世界に誘われるのは、あなたかもしれない(ドヤ顔)