読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『石ころの効用』

詩を書きます。

詩を書きます。No.6

珍しくポジティブな詩だと思う。

 

『石ころの効用』

 

つま先で石ころを弾いた。

ひざ下まで浮いた石ころは何処へ行く。

決まっている。後は土の上に戻るだけ。

そこら辺の石ころに戻るだけ。

少し目を離せばそれでおしまい。

同じ色と同じ大きさの石ころ達と見分けがつかない。

 

もう少し強く石ころを弾いた。

太ももまで浮いた石ころは何処へ行く。

決まっている。後は土の上に戻るだけ。

そこら辺の石ころに戻るだけ。

少し目を離せばそれでおしまい。

同じ色と同じ大きさの石ころ達と見分けがつかない。

 

もしも、落ちないほど強く弾いたらどうなるのだろう?

分厚い大気の層をぶち破り石ころは何処へ行く。

想像だが、後は宙の中へ進んで行くだけ。

そこら辺の星くずになるだけ。

少し目を離せばそれでおしまい。

同じ色と同じ大きさの星くず達と見分けがつかない。

 

ただ少し違う。目が上を向くから姿勢が良くなる。

あり得ない想像は僕を少し前向きにさせる。

在り来りな石ころは相も変わらず石ころだ。

それでも僕のつま先にあるこの石ころは特別な石ころだ。

少し目を前に向けるだけ。

つま先で石ころを弾いて、また一つ星くずを作った。