読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

愛とは代替や妥協を許さないことだ。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

リップクリームを取っ掛かりに考えます。

 

唇がカサカサすると潤すために塗るリップクリーム。

よく唇の薄皮が剥ける私は、ポケットにいつも忍ばせてます。

 

リップクリームってメンソール成分がありますよね?

眠くなった時にまぶたの上からよく塗ってます。

一瞬、カッとなります。ただ、最近は効果が薄くなったような?

多用し過ぎかもしれません。

 

ポケットに仕舞っていた、と思っていたら、何処かに無くなるなんてこともよくあります。

まあ、コンビニエンスストアーで直ぐ買っちゃうんですけど。

帰って見つかって、古い方も取り合えずポケットに入れるまでがデフォルトです。

代替が利くからこんなことになるんでしょうね。

 

お?来た来た、ごほん…

あえて、言い切る。

 

愛とは代替や妥協を許さないことだ。

 

…何か、重たいテーマ?な気がする…

…いっか、書いちゃえ⬅

 

2016年ももうすぐ終わる訳ですけど。

来年の5月には30歳ですけど。

未だ「彼女」が居たことがありません。

 

「結婚」など最早在りもしない蜃気楼です。

なのに、結婚をすることを考えなければならないなんて…

 

高校の時点で結婚を諦めている私ですが、「普通」には成りたい。

世の中の「普通」とは、30歳からそろそろ結婚をし始めるかどうか…

「普通」から程遠い私に周りは思い出したかのように言う訳です。

「結婚をして身を固めよう」と。

 

最近は絶食男子なんて言葉が出てきて、「結婚」の在り方も変わりました。

しかし、ここは長野の田舎町。世間様の目が怖いのです。

 

私は、「彼女」が欲しくないのか?と聞かれれば欲しいです。

しかし、「彼女」が欲しい理由は、単純に性行為がしたいなっていう下衆な考えから。

そして、今までがそうであったように「彼女」が居なくても良かったのです。

 

「結婚」をしなければならないなら、どうにかしてしたいですけど。

妥協して一緒になった先に相手の幸せはあるのでしょうか?

そして、やはり「結婚」をしなくても私は良いのです。

 

代替や妥協でしか求める理由がありません。

そんな理由では、相手に失礼でしょう。

だから、代替や妥協は許さないのです。自分にも相手にも。

 

人を愛するには突き詰めていって、この人になら人生の伴侶にしたいと想わせなければならず。

それには自分自身を高めなければなりません。

嗚呼、故に中途半端な私には愛する資格がないのです。

 

まあ、ふらっと今を生きて行きます。

「彼女」や「結婚」は、「普通」の人々に任せることにします。

きっとその方がみんな幸せです。

 

10年後にどう感じてどう考えるかな…

うん、未来のことは未来の私に委せるかな?

 

人任せ風任せ、適当なことを言う口に私は今日もリップクリームを塗ります。