読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

@記事数が100記事に達しました。

閑話休題

 

紹介させて頂けるブログが決まりました。

あとは…それとなく書いていきます。

まあ、ブログの趣旨と合うか今更ながら気にし始め。

…いや、気にしたら負けだ、こう、巨大なでっかいビックなのに負ける。

と言う訳で、そこら辺は置いといて。

 

それよりも(それよりもというのは失礼だが)

ちょっと、嘘っぽいこと書きますけど。

 

 

 

記事数が100記事に達しました。

 

 

ええー、100記事だよ。信じられる?

私は信じたよ、だって書いたの私だもの。

そして、よっく解っていますよ。

どの記事も粗悪で劣悪だってこと。

 

詩の質は最悪だし、思想の強引さは辟易するし、ブログ紹介もぐだぐだ。

こんなん誰得?なブログですよ?

記事数を伸ばすだけなら、そりゃあ書きまくれば良いだけだし?

 

…フフッ、フフフフフ…

フハハハハハハッ!正しく、詰まらないことを延々と書いているブログとしてこれほど正しい姿勢はないだろう!

実に、実に気分がいいぞ!!

 

なんて内面的にはフィーバーしてます。

やっぱ、なんだかんだで100記事は嬉しいです。

 

さて、100記事達成したし、新カテゴリーに足を踏み込みますかね。

記事の出だしとか特に気にしない体で。

内容は変にポジティブに。そう、私の夢への軌跡的なのにします。

でも、夢だから大きな声で言えないなって。

だから新カテゴリーのタイトルは「()」で表記します。

問題は新カテゴリーの名前…募集…しても集まらないよな…

こう、ビックマウスの大言壮語なカテゴリー名が良いな…

 

そうそう、リライト?的なのをしていくつもり。

と言っても、「詩を書きます。」の「『さしすせそ作文』」と「〇〇を取っ掛かりに考えます。」の「ファンタジー世界は胸躍る。」だけだけど。

いや、なんか、さしすせそ作文は続きを書いて一応わをんで締めたいって理由。

あと、ファンタジーのあれはあそこでもうちょっと付け足してそれなりの小説?にしたいし。

まあ、それだけですけど。私がやりたいだけですけどね。

それにしてもリライトって更新したら、ブログも更新したことになるんですかね?良く解らないけど。

そこら辺の仕組みが掌握していないので、詳しい人は…暇で死にそうなら教えてください。

 

あ、全く関係ない話になりますけど、明日は夜飲み会に誘われまして。

深夜の更新が出来ないのです。

まあ、毎回ほぼ2日空けて更新しているから、そんなこと言っても然程も意味ないですけど。

むしろ、明日の夜は更新できないだろうと今更新しちゃう訳ですし。

時間に縛られているのに縛られていない感がこの詰まらない感じを延々と続けられる要因でしょうね。フフフ…

 

新カテゴリーは明日以降、それとなく、ひっそりと始めますので暇過ぎて自我が保てなくなったら是非来てください。