読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『ひとり自由俳句』

詩を書きます。

Twitterで呟いている俳句をまとめてみた。

思ってた以上の分量でちょっと驚き。

リライト(2016/11/24)

 

『ひとり自由俳句』

 

帰宅して、車内で寝落ち、今起床。

 

ひつじ雲、だけど視線は、手のスマホ

 

霜降りの、季節はきっと、肉の味。

 

深夜での、寒さ居座る、部屋で書く。

 

ありがとう、言わせたいけど、言われない。

 

さようなら、吾が穴空いた、靴下よ。

 

紅玉の、傷物廃棄の、山となる。

 

紅葉狩り、時を忘れて、足痺れ。

 

霜月の、十一日は、チョコの味。

 

六時起き、仕事があるに、寝ない馬鹿。

 

冷たさに、耳を食まれて、赤くなる。

 

何故なのか、キジ撃つところ、見たがる子。

 

車庫の中、冷えたハンドル、握れずに。

 

パーカーの、ポッケの中に、忘れ銭。

 

ヒーターの、熱を夜空に、開け放つ。

 

指先に、私を乗せて、綴る文字。

 

いがみ合い、10年経って、笑う今。

 

お助けよ、羽毛布団に、囚われて。

 

熱めの湯、口から疲れが、抜けていく。

 

氷道、才に走りて、事故起こす。

 

飲み会に、犬の如く、追従す。

 

最近は、俳句に興じ、ほくそ笑む。

 

一眠り、胡蝶と夢で、戯れる。

 

信じてる、吹けば舞い落つ、灰のよう。

 

赤トンボ、物干し棹で、干されてる。

 

独り言、呟く私は、キモい人。

 

朧月、山を不気味に、赤く染め。

 

立冬の、時期に気にせず、アイス買う。

 

部屋の中、虫無視しても、騒ぐ女史。

 

来世なら、解脱している、訳がない。

 

空気読む、必死に愛想、笑えない。

 

男でも、栗のスイーツ、平気かな。

 

ファミレスを、出てやや駐車、私だけ。

 

朝靄の、山に涙す、不覚にも。

 

信心が、無くてもオッケー、南無阿弥陀

 

急ぐのに、フラップドアに、阻まれて。

 

暗澹と、道にランタン、恬淡と。

 

肉まんを、コンビニ出て直ぐ、平らげる。

 

明かり点け、冷めたカレーを、チンとする。

 

死にたがり、二律背反、気付くけど。

 

怠け者、上の小枝で、夢想する。

 

今日やろう、ごろ寝だらだら、明日やろう。