読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

(私には夢があります)

パンドラの箱を開けてみた

皆さん、こんばんは。

上の小枝の怠け者です。

今日も怠くて仕方ないですね。

皆さんはそうでもありません?元気が有り余ってますか?

元気があれば何でもできる?嘘嘘、できないって。

まあ、思い込みって大事ですよね?

 

さて、ぐだぐだの感じですが、新カテゴリーです。

カテゴリー名は「パンドラの箱を開けてみた」にします。

ほら、パンドラの箱は開けたところ、閉じ込められていた災厄が飛び出しますけど、最後に残ったのが希望とかいうのは割かし有名でしょう?

まあ、この記事はパンドラの箱、様々な災厄を読んだ人に降りかかるでしょう。

そして、残った希望を私がかっさらう!そんな底意地の悪さをタイトルに込めています。

 

こんな場末のブログに災厄なんてありはしないですし、希望などありはしませんけどね。

大言壮語なことを言いたくなっただけです。

まあ、軽く流してください。

 

それで、本題。というか、願望?

誹謗中傷はあって然るべきという認識です。

理解不能なことを書きますから、そこら辺はご承知して頂けると助かります。

 

私には夢があります。

 

それは、 「世界的な映画監督になること」です。

 

いやいや、お恥ずかしい。

29歳になって現実を見えてませんね。

まあ、成る予定ですけど?

 

それで、撮影はしているか?

いいえ、何も撮影していません。

 

それでは、構想はあるのか?

いいえ、何も構想はありません?

 

では、何か人との繋がりを広げているのか?

いいえ、何も繋がりを作っていません。

 

夢は映画監督?

はい、世界的な映画監督に成りたいです。

 

いやいや、お恥ずかしい。

29歳になって現実を見えてませんね。

まあ、成る予定ですけど?

 

常に映画を観ている?

いいえ、専ら漫画ですね。

 

影技術の勉強はしている?

いいえ、何も勉強していません。

 

何か伝えたい事柄がある?

いいえ、中身が空っぽ故に模索中です。

 

夢は映画監督?本気で?

はい、世界的な映画監督に成ります。

 

いやいや、お恥ずかしい。

29歳になって現実を見えてませんね。

まあ、成る予定ですけど?ですけど?

 

何で映画監督に成りたい?

何となく、自分に合っている気がするから。

 

何か、クリエイティブな活動はしている。

はい、「ナナシノエイト」で自作の詩を朗読してますね。

あと、カメラで人形を写真を撮ってますね。

 

どうしても映画監督に成りたい?

そこら辺は出たとこ勝負で。

 

映画監督に成れなくても構わない?

まあ、希望的観測。成れたら良いなと考えてます。

 

それは本当に本気と言えるの?

言えないでしょうけど、現時点でこの夢を諦めるつもりは毛頭ないですし、きっと生涯拘るでしょう。

 

どうしてそんなに拘るのか?

若い自分が立てた果てなき夢を諦めることは、私の理解を諦めることに他ならないから。

 

自分の理解をそんなにしたい?

はい、「何のために生きているのか?」を答えられないのは嫌だから。

 

叶わないだろうに?

いいえ、未来はどうなるかまだ解りません。

そこは「多分」叶わないが正確かな?

 

「きっと」叶わないとは思わない?

はい、何せ自分を裏切ることにかけては当代随一です。

きっと私は私を裏切るから、確定されたことなどありはしないのです。

故に、「きっと」裏切るから「多分」叶わない、です。

 

それはもう「きっと」叶わないのでは?

いいえ、未来の私が何を裏切るかは知る由がありません。

その何かが解らない限りは「多分」です。

 

改めて、夢は?

世界的な映画監督に成ります。

 

いやいや、お恥ずかしい。

来年の5月で30歳になるのに現実を見えてませんね。

まあ、拘らせてください。

 

で、私の夢について書きましたが、この記事では、つまり、夢に向けて何かするための記事を書きます。

何か、と言うと…まあ、構想から?こういうのを作りたいなー、とか。

非生産な記事で詰まらないでしょうけど。

ブログの主旨には合っているので突っ切ります。

 

この記事を読んで、「一緒に作ろうゼ」なんて人が居たら、嬉しいです。

ただ、苛つかせること怒髪天を衝くでしょうから、今から申し訳ない気持ちになっておきます。

まあ、十中八九いないでしょうけど。

 

皆さんにも夢はあるでしょう。

その夢がどんなに馬鹿らしくても構わないでしょう。

夢はあるから、希望がある訳です。

 

なんてほざいてみる。

 

皆さんの夢が叶いますこと心から祈っています。