読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

「仕様がない」という枷があるから幸せで。

幸せを取っ掛かりに考えます。
 
本当の幸せとはなんだろうか?
 
唐突にそんなことを考えてみたくなりました。
ひどく取り留めのない内容になりました。
でも、私の幸せの定義で、人生哲学です。
 
アンダーバーより下が本文です。
 
___________________________
 
幸せの字の成り立ちは囚人の手枷を形にしたものらしいです。
 
幸せは何かの枷の中で見つけるものなのだろうか?
不幸せとくらべることが幸せなのだろうか?
 
群馬県にいるときは毎日朝は憂うつでした。
でも、時に見上げる空は驚くほど絵になって、感動しました。
 
実家に帰ってから父に毎日理不尽な小言を言われます。
でも朝起きて、ご飯が出て、ゆっくり過ごす日々は楽で気持ちは和らぎます。
 
今日読んだ漫画「月に吠えらんねえ」3巻に「詩とは豊かさからくる」とありました。
戦時の舞台では貧しい気持ちになると。
 
豊かさとはなんだろうか?
今まで私は豊かな人生を歩んで来ただろうか?
 
私は今まで幸せと感じていたことは実は偽物ではないだろうか?
 
祖母が夢に出ない悲しい気持ちを。
父を夢で殺す荒んだ気持ちを。
ただ誤魔化すために幸せと言っているのではないか?
 
戦争で人が死んでいるのに。
飢えて人が苦しんでいるのに。
私はその現実からただ逃げているだけではないか?
 
福島は人が住める土地を失いました。
沖縄はアメリカの基地の問題で振り回されています。
私は今幸せと言って良いのだろうか?
 
どれも「仕様がない」ことです。
誰かが「ヒーロー」になればであり、私が「ヒーロー」になるではなく。
「仕様がない」「仕様がない」と言えば事もなく。
 
誰もが何かどうしようもない感情を持っているとして。
その感情の手首には「仕様がない」という枷があるのではないか?
「仕様がない」の枷がなくなったら…ただただ絶望しか残らないのではないか?
「仕様がない」の枷があるから、暴れることもなく、じっと己を見ることが出来るのではないか?
だから幸せと言えるのではないか?
 
しかし、私は私の悲しみを、怒りを、手放したくありません。
しかし、私は戦争や飢えの現実をなかったことにしたくありません。
しかし、私は私の内から出るこの気持ちが偽物と断じ切れません。
 
何故なら、そう感じる私を見捨てたくないから。
でも、そういってばかりはいられません。
何故なら、疲れるから。どうしようもなく。
 
普段はそんなこと考えません。
こういうとき藁頭で良かったと心底思います。
きっと私が死ぬときは「良い人生だった」というでしょう。
 
私より先を見える賢人たちは疲れないのでしょうか?
彼らは幸せと言えるのでしょうか?
私を見て心配する聖人たちは疲れないでしょうか?
私は幸せと言えるでしょうか?
 
私一人ならきっと「仕様がない」と言わなくて良くて。
諦めなくて良くて。
でも私一人ではないからどうしようもないことがあって。
諦めていくしかなくて。
 
私は賢人たちや聖人たち、その他の多くの人たち全員の「幸せ」を願うなら。
全員が全員の理解を諦めて「仕様がない」というしかなくて。
でも理解することを諦めたらそれはやはり違っていて。
 
「仕様がない」という枷があるから幸せで。
見捨てたくない現実があるから己の幸せを確認できて。
 
発想が屑だなーと思いますけど…でも私は私の幸せはやはり本物だと言いたい。
この「仕様がない」の枷が私に幸せをもたらすと信じてます。
 
皆様方の幸せを切に願って。