読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

(来年の4月末日までに映像作品を作ることにしました)

皆さん、今晩は。上の小枝の怠け者です。

最近、Facebookに投稿した考察をコピー&ペーストで楽してはてなブログを更新しています。

なのに、文字数が多いためか、PV42と普段の倍の数字になっていて、過去に書いた内容だろうが、文字数が多ければ良い感じが若干モヤッとしています。

まあ、過去の私がせっせと書いたことだから、過去の私のお陰で現在の私は楽できているのは間違いないので、何とも不思議な心地になってます。

 

さて、本題と言いますか、創作活動関係で。

来年の4月末日までに映像作品を作ることにしました。

 

いや、どういう作品を作るのかは全くの未定なのですけど?

しかも、映像作品…皆さんは作ったことはあるか解りませんけど、結構面倒なんですよね。

シナリオを書いて、シナリオハンティングやロケーションハンティングをして、協力してくれる人を捜して、許可が必要なら許可をもらって、撮影して、音を作って、編集して…

うん、面倒ですね!本当に面倒。

 

じゃあ、どうして、映像なのかって…まあ、所謂ノリです、ノリ。

でも、久方ぶりに作ってみます。

 

取りあえず、テーマとコンセプトだけは決まってます。

 

テーマ「社会に出ました」

コンセプト「無能は私が生きていられるのは、社会の優しさがあるから」

 

ん?テーマとコンセプトは同じことを言ってるじゃないかって?

これ、日本語に直すと解り易いかもしれません。

 

テーマは「題材」です。

今回は「社会に出ました」を題材に映像を作ろう、と言う訳です。

重要なのは、単に「社会」ではなく、「社会に出ました」と言うこと。

まあ、社会に出るとは、一体どういう事なのか?ってことです。

 

コンセプトは「概念、考え方」です。

上記の「題材」から私は「無能な私が生きているのは、社会の優しさがあるから」と言う「考え方」をした訳です。

いや、だって、仕事ができないのに、今もどうにかこうにか生きていられるのって、社会が優しいからで。

理不尽だけの社会なら、私はとうの昔に死に絶えてます。

 

気付くことは大事です。つい最近私は気付いて。

と言うか、どうやら私が常々口に出していることが「社会に出たからには」らしいです。

自分が無能だから、知らず知らずに言っていたことですけど。

やはり、ここを詰めなければならないかな?と。

 

それで、テーマとコンセプトはあるのですけど…

まず、詩かな…いや、社会の優しさを表現するのに適したことってのが解っていないけれど。

動画である点から、時間経過の構成とか…つまり、技術的なこと?

うーん…ここは今考える事じゃないか。後で考えよう。

 

そうだな、取りあえず、協力を依頼したい人を実は二人ほど考えていて。

ただ、協力を依頼して、承けてくれるのか?

何せ、出来上がっても、道楽以外の何者でもない、商業要素皆無の映像作品に協力してほしいとか、図々しいにも程がある気がするし…

まあ、駄目なら、一人でしこしこ頑張ります。

 

さて、まだまだ未定ですのでアレですけど。

1月から本格始動?したいなとも。

いや、私一人ではないのですけどね?

…うん、勝手にこういうことを書いて大丈夫だろうか?

 

まあまあ、愛の研究もして、映像を作って、4月に映像を後悔、じゃなくて公開して。

年末から地味に創作的なことをし始めているので、50歳にはそれなりの技術がある人間になりたいなって、そんなことを思い描いてます。無理でしょうけどね。

 

今月は、とにかく、プレゼンテーションできる資料を作ります。

22日までに!結構時間がない!

あああ、どういうことをすれば良いのだろうか…?

 

悩みが尽きないままに、狼狽えたままに、考えます。