読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

「外で時間を潰すため」に仕事を探そう。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

やる気を取っ掛かりに考えました。

 

父に説教をされました。

仕事辞めて、もう1月なのにどうしてそんなに寝ているのか!

出て行くときに声をかけずに出かける奴がいるか!

仕事を辞めさせられたのだから、もっと怒れ!

 

何れもピンと来ません、可笑しいことに。

眼鏡を外して見た標識のようなぼんやりとした印象です。

 

そんな早く起きてもどうにもならないじゃない?面倒だし。

一々声をかける?何のアピールよ?面倒だし。

仕事を辞めさせられたのはそも私が悪いしな。面倒だし。

 

父も母も何故か疲れた顔をしているのですけど、私は何でそんな顔になるのか全く解りません。

んー?甘いことを言っているのか?まあ、甘いことを言っているのだろうな。

言葉で圧力かけられても私には何も響かないのですけどね。屑な私はこのまま適当に聞いています。

 

と言うか、どうすれば良いの?早起きして仕事を探せば良いの?

父の怒りの原因は私のやる気のなさが露骨なのが嫌なのだろうなと。

そのことに関しては、むしろいい加減理解をしてほしいのだけど。

 

私のやる気のなさが今に始まった訳ではなく、遡れば中学辺りにはやる気はなかったでしょう。

やる気を出す云々の説教が出たのは多分高校受験の辺りかな?

顕著になったのは、専門学校に進学してからで。

専門学校を卒業後はだらだらと過ごしてましたし、だらだらと過ごしている姿は私の本来の姿でしょうし。

 

例えば、私を本気で追い出そうとは考えてない気がします。

勘当されても仕方ないですけど、「家族だから」と何故か縁を切らない。

そんなんだから私に付け入られるのですよ。屑な私に容赦しています。

 

だから、3月までに仕事が見つからなかったら、車内生活にしようかな?と。

漫画も…本当は嫌ですけど、3月までに見つからなかったら、手放すことも考えないといけないのかもしれません。

まあ、漫画は読めれば私は幸せですから、もう一度読めなくなることを除けば心理面でそれほど負担になることはないでしょうけど。

 

問題は車検か…自動車を手放すのはちょっとな…でも、お金がないと維持ができないしな…

変な話、私は5月まで生きられれば良いのです。

5月まで生きられれば、後は破れかぶれで構わないです。

今を楽しむ以上に先のことなどどうでも良いのです。

 

何かなー。世の中の基準で言えば、もう真っ当に生きるのは不可能な気がする訳ですけど。

周りの人に言わせると未だ若いのだからと言う訳です。

30歳は若くはないだろう…と考えるからもう再起不能でしょうけど、何故か「いやいや、まだ大丈夫だよ!」と周りは強く否定するのですよね。不思議。

まだまだやり直せる?それを信じろと?まあ、浅慮な私ですから、本当に未だ仕事はあるし、再起可能なのでしょうね。

 

しかしなー、信じられないね。何せ、間違い続けて30年の実績が私にはありますからね!

周りの人はきっと何度も何度もやり直せたから言えるのであって、何度も何度も失敗している私とはそもスタート地点が違う気がします。

どうにもな、同じ景色を見ているはずだし、それに対しての答えも同じときもあるのに、どうしようもなく話が噛み合ない。

 

無個性は嫌だ、没個性は嫌だ、と喚く人間が居ますけど。

私に言わせれば、こんな個性ならいらない!無個性な私に成りたい!と願う訳ですよ。

同じ生きている人間なのに、何故同調できないだろうか?

 

「最後の秘境」でしたっけ?東京芸術大学について面白おかしく書いた本を読んだ芸術関係の人が反論してましたけど。

理解できないから違う人間にしたいだけで、私たちは同じ人間だ。と確か主張していて。

変人だから、理解できなくても良いは作品を作る上で間違いだと言っていた気がします。うろ覚えですけど。

 

同じ人間か。そうなんですよね。同じ人間。

思考を理解することはできなくても、同じ社会の規範の中で生きている人間として尊重されます。

社会の規範から外れれば、法の下に裁きを受ける訳ですけど。

基本は各々銘々の解釈はありますが、社会の規範を守ろうとしていることを信じているでしょう。

 

問題は解釈の違いか…?私は殺人も盗みもしていないです。

ならば、今の状態は社会規範の範疇では?

私の中に「こうあるべき」という確固たる人間像がないのが痛いですね。

 

「こうあるべき」というのは父にはあるようです。

「こうあるべき」というのは母にもあるのかな?

私には、ないですね。私は空っぽであることに気付いただけでも進歩です。

 

目指すべき人間がなー。と言うか、目指すべき人間に成るために努力するってこと?

努力はしたくないなー。ちょっとなら頑張るけど。小さじ半分くらいなら。

 

やる気については感情に訴えるしかないのですけど。

激情に駆られるほど私にはやる気がないです。

父のような「こうあるべき」は心に響かないです。

別の理由を私で釣った方が早いような…?

 

ああ、そうか。私には働かなければならない「理由」がないのか。

お金がないと欲しい物が買えない…でも妄想でも楽しめるしな…

お金がないと税金が払えない…でも支払えなければもう仕様がなくないか?

お金がないと食べる物がない…でもその時はその時に大人しくくたばれば良いだけだし。

やりたいことでの努力は今までしていないし。

向いていると考えたことは勘違いだったし。

親を安心させるってのも、全く考えてないですし。

びっくりするくらい「理由」がないわー。

 

そりゃ父が「姉と妹がしっかり働いているのに、お前はどうしてそうなんだ」と嘆くわ。

と言うか、姉と妹を私と比べる辺り解っていないな。彼女らな幸せになるために努力を惜しまなかっただけ。私と比べることさえ烏滸がましい。

彼女らと私では立ち位置が違います。

いや、周りの人と私は立ち位置が違うのでしょう。

 

自暴自棄である楽しさを共有したいけど、誰も望んでいないからなー。

仕事をしない「理由」なら山ほど出てくるのになー。

仕方がない。「理由」を付けるか。

そうだな…別に大したことじゃなくていいのだから…

 

「外で時間を潰すため」に仕事を探そう。

 

家に居られると母が嫌な顔をするんですよね。

私が家に居ると父がずっとネチネチと私を責めるので空気が悪いんですよね。

まあ、時間を潰しのつもりで起きて、出かけようかな?出ても何も成果は出ないだろうけど。

 

他に仕事の「理由」は…考えた方が建設的なのかな?知らんけど。

でもなー。つまりは頑張れる理由ですよね?あるかなー?

ないから困っているからなー。神の啓示や仏の託宣はあれば良いけれど、不信心だからなー。

生きるのも面倒だけど、死ぬのも面倒だしなー。ままならないわ。

 

大切な人はいないし、自分を大切にできないし。

生きる理由はないけれど、とりあえずは幸せだし。

私は至極当然のことを言っているだけなのに、理解できないような顔されてもなー。

仕事を探せば良いのでしょ?そんな簡単に見つかるとは思わないけど。

 

私は父に面と向かって言わないけれど。

私がやる気にならないのは諦めて欲しい。

我慢ならないのは解るけど。私のようなのが身近にいたら嫌過ぎるけど。

それでも諦めて、放置して欲しいわ…これも甘えだな。

 

甘々な私が嫌われるのは自明の理、私は私を諦めて次に備えよう。そうしよう。