読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

お金の使い方が幸せの鍵の一つです。

お金を取っ掛かりに考えました。


f:id:uenokoeda:20170110034322j:image

 

プロミスで借りていたお金をまとめて返してしまいました。

これで支払いの心配はしなくて良さそうです。

ふと、このブログを始めたきっかけが金銭の扱いの考え方からだったっけ?と気付きまして。

まあ、借りた経緯から書いてみるかー、と何となく思い付きまして。

 

借りたのは2013年の10月、だと思います。

その頃に高校時代の知り合いに食事に誘われまして。

そんな仲良くはなかったですけど、私はぼっちですから相手が誰でも親しい感じではないので、それほど気にせずホイホイ誘いに応じて。

それでファミリーレストランに行って、話をひとしきりすると何かのイベントに誘われまして。

それにもホイホイ参加しまして。何か色々と商品の紹介とかしていましたけど。

何か改めてファミリーレストランに呼ばれたので、再三ホイホイと向かってみたら。

どうやら、インターネットビジネスに勧誘されていた、と相成る訳です。

 

私を誘った人は「お金が稼げるチャンス!」と訴えてきましたけど、ぶっちゃけ稼ぐことに興味が持てず。

でも、まあ色々と面白い話は聞けるので講演会にも参加してみて。

それで、入会するには何か商品を買わないといけないらしく?商品の魅力が解らないと売れないよね?と言われればそんな気がします。

紹介された商品には全っっっく魅力を感じなかったのですけど、まあ面白い話も聞けたし買っても良いかと考えて手続きをすることに。

それで支払いの代金を落とすのに信用金庫で借りて返した方がお得?と言われて。

 

 

 

素直にプロミスから27万円を借りてそのまま買いました。

 

 

 

今でもシャンプーとリンスは使えるのかな?解らないけど。

買った半分はちょっとは使ったかな?今は何処に置いてあるか解らないけど。

まあ、その後もちょくちょく誘われましたけど何となくフェードアウトしました。今は何をしているのか全く見当も付きません。

でも、高校の知り合いには連絡したいな、久方ぶりに。面白い話を聞けそうだし。

 

それで、毎月1万と2千円ずつ返金していきまして。

半分ほど返したのかな?覚えてないけど。

確か、2014年の10月かな?その頃は群馬県で仕事をしていました。

それで、ちょっと遊びに大阪に行きまして。

 

主だった目的は太陽の塔を写真に収めたかっただけなんですけどね。 

ぶらり道頓堀に寄ったが運の尽き?客引きの女の子に連れられてガールズバーへ。

私は調子に乗ってあれよあれよとお酒を呑まして呑んで。

手元のお金がなくなったら、銀行から引き落として呑もうってなり。

ここまで来たら、行くところまで行っちゃうか!のテンションで引き続け。

 

 

 

貯金していた70万円を使い切りました。

 

 

 

いやー、豪快に使ったな。と結構ノリノリで帰路に着きました。

むしろ、支払いができない方が怖いですからね。スッキリ支払えて良かったです。

反面、これだけお金を使っても手さえ握らせてくれなかったので、お金を使っても愛は買えないなって感じました。てへ。

 

それで、貯金がなくなったので、当分の生活費もなくなってしまったので、取りあえずプロミスから再び25万円ほど借りました。

 

それで、30万円?からまた毎月1万数千円ずつ返していきまして。

中々、減らないからいつかはまとめて返すぞ!と考えていたのです。

それで、先月私はやらかして解雇されました。

まあ、良い機会だしまとめて返すかと思い立ちまして。

 

 

 

20数万円を一括で返しました。ドヤァ。

 

 

 

次回利用できる額が上限50万円?らしいので高い買い物をするときには使いたいですね。

ただ、毎月の支払いができる職業に就いてないと厳しいから、当分は借りることはできないかな?

 

よく、幸せはお金じゃ買えないって言うけれど、お金があると幸せの土壌が作り易いではないでしょうか?

 

お金の使い方が幸せの鍵の一つです。

 

お金がないって言うのも、お金の使い方に関わるでしょう。

例えば、コンビニエンスストアーの募金は小銭をスッキリさせると言う意味合いで最強ですし。

お金がないから、節約する楽しさがあるでしょうし。

結句、どうお金を使うかを考えるのは楽しいでしょう。あれ、違うかな?

 

私の場合は、自分のお金は気持ちの向くままに使いたい人間です。

気持ちが向かなければ、普通に貯金します。

気持ちが向けば、連帯保証人くらいやっても良いかな?と考えます。

1000万円くらいなら、何とかなるんじゃね?とか。それで誰かが幸せならそれで良いじゃん?みたいな??

 

実際に負ぶされたらこんな寝言は言えない?かもなー。

いや、動機があるから働こうとはするし、私にとってはプラスの面が大きい気がするな?

こう考えると連帯保証人も悪くない気がしてきた。両親が本気で泣くだろうから、実行するなら両親がいなくなってからだなー。

実際は100万円が限度だろうか?私の支払い能力的に。それとも1000万円なら死ぬまで働けば行ける?家とか売れば行けるか??解らないけど。

 

話が逸れましたね。つまりは、お金の使い方なんて人それぞれ。

気持ちよく使えたか、自分が満足しているか。幸せってそういう感情の在り方でしょう?

 

まあ、私のような生き方は推奨できません。

むしろ、反面教師として頂けたら嬉しいです。

 

皆さんに宝玉が手に入りますように。