読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『ひとり自由俳句その2』

詩を書きます。 詩を書きます。-『ひとり自由俳句』

詩を書きます。

Twitterで去年12月までつぶやいた俳句です。

こうやって見ると暗い題材が多いのが窺えます。

 

『ひとり自由俳句その2』

 

寿命です、タイヤ買い換え、する嵌めに。

 

朝降った、雪の幻、一欠片。

 

喫茶店、コーヒー眺め、三時間。

 

蝸牛、殻を遺して、どこ消えた。

 

小手先で、誤魔化し愛を、見失う。

 

空財布、一際響く、腹の虫。

 

あまつさえ、最後の干し柿、独り占め。

 

来年が、目の前だけど、後回し。

 

今更と、渇いた枯れ葉、握り締め。

 

猫の皮、剥がれてバレる、嘘の顔。

 

透明な、冬の空気に、白い息。

 

サワー呑み、ほろ酔い気分、十ニ月。

 

相容れぬ、堂々巡り、疲れ果て。

 

三十路だが、未だ私は、思春期だ。

 

灯油切れ、ぶぶぶと唸り、沈黙す。

 

我慢など、牽強付会、寿司屋行く。

 

恥部だけど、それでも晒す、愛故に。

 

刈り田んぼ、千町見据える、穂高岳

 

負けないで、そう言えるほど、強くない。

 

優しさも、掩耳盗鐘、届かない。

 

趣味読書、だけど大体、漫画だね。

 

ぼっち故、クリスマスイブは、ふて寝です。

 

北風が、吹き荒び皆、灰色に。

 

空っぽな、私が進む、茨道。

 

珈琲に、スティックシュガー、三本目。

 

終わる年、形振り構う、暇ほしい。

 

服脱げど、体重計は、誤魔化せず。

 

謝れど、にべなく閉まる、ドアの鍵。

 

書く時は、意味があるのに、読めぬメモ。

 

悲しさと、車軸を流して、思い出に。

 

結婚を、してもせずとも、良い時代。

 

気付いてる、あなたの中に、居るわたし。

 

仕方なし、諦めてから、本番だ。

 

幸せを、決めるのはいつも、このわたし。

 

怠け者、すでに気持ちが、折れかける。

 

片思い、してるパリピを、見るぼっち。

 

焼き芋が、擦れっ枯らしの、身に沁みる。

 

敷衍して、敷衍し続け、ねじ曲げる。

 

玉の中、妻弾かれる、只の石。

 

嘯けど、解雇で凹む、吾が心。

 

怠けてた、ツケを支払い、無一文。

 

暗闇だ、とりもなおさず、覿面だ。

 

スモモの木、冠直す、お馬鹿な吾。

 

先生を、ママと呼ぶような、動揺。

 

しゃちこばる、久方ぶりの、拙い句。

 

呟くに、何故か躊躇う、独り者。

 

冷える部屋、布団に潜り、二度寝する。

 

コンビニの、ケーキを食べる、クリぼっち。

 

サンタさん、高望みしちゃ、駄目ですか?

 

寝ない子に、プレゼントなど、ありはせぬ。

 

茨道、胸のノバラと、共に行く。

 

渋柿の、実る野山に、積もる雪。

 

鍋つつき、締めのうどんが、ちょいきつい。