読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

@実験記事、と言いますか。私以外の人物と会話してみます。

閑話休題

 

今週のお題「恋バナ」

 

私:実験記事、と言いますか。私以外の人物と会話してみます。

  会話の内容は「恋バナ」、私とは最も縁遠いことの一つです。

  まあ、会話だしどうにかなるかな?

  では、出現させます…えいやそいやそー!

ポジティブな何か(以下ポ):おはよう!こんにちは!こんばんは!皆に愛されているポジティブだよ☆

私:うん、何かもうキツいわ…

ポ:どうしたー、どうしたー?元気ないよ?ちょっとひとっ走りしちゃうー?

私:いや、君を書いている私は客観的にどうなのかなって…

ポ:そ・れ・は、言わない約束だぞー☆

私:そうだね、空しくなるだけだね…

ポ:そうだよ!前だけ見よう!前転倒立しちゃおう☆

私:うん、狭いから止めてね?

ポ:え?恋バナがしたいって?

私:振りが雑。

ポ:しようぜ、しようぜ☆KO・I・BA・NA!フー!

私:そのつもりだけど…いや、大分したくなくなってきたけど…

ポ:上の小枝さんはー、どんな恋愛をしちゃたのー?

私:聞く耳なし…どんなって、恋愛なんてしたことないよ?

ポ:かーらーのー?

私:いや、無いものは無いから。

ポ:逆に!斬新ですねー!

私:いや、斬新って…え、馬鹿にしてる?

ポ:してない、してない☆じゃあ、どんな恋愛がしたいんですかー!

私:どんな…いや、まずお付き合いから想像できないのだけど…

ポ:えー?でもでもー、好きな女性とかあるでしょー?

私:…まあ…

ポ:おおっと!どんなのがタイプなん?ちょっとお兄さんに教えて☆

私:そうですね、清楚な感じで。

ポ:うんうん!

私:優しくて、凛としていて。

ポ:あるあるー!

私:一途で綺麗で。

ポ:なるほどなるほどー!

私:私と一緒に色々と考えてくれそうな人…

ポ:ほうほう!素敵やん!

私:そんな人は私を選ぶ訳ないのですけど…

ポ:そんなことはないよー?今、30歳?あと70年はあるじゃん!超余裕だって!

私:60歳越えたら要介護の未来しかないですよ…

ポ:そこに愛があれば良いじゃん?てか歳とか関係ないよ!

私:いや、子どもは欲しいじゃないですか…

ポ:良いね、良いね!子ども!可愛いよね☆

私:もし、付き合えるとしたら、この歳ですし、結婚を前提になりそうですし。

ポ:そうだね、そうだね!

私:結婚となれば、子どもの有無はあるでしょう?

ポ:家族になろうよー♪

私:でも、高齢になったらできませんし。

ポ:そこは頑張っちゃえよ!生涯現役宣言しちゃおうぜ☆

私:でも、収入がなければ、作れませんけど。

ポ:働こうぜー!子どものために汗水流そうぜ☆

私:まあ、でも相手がいらないって言えば、拘るつもりもないですけど。

ポ:夫婦二人で二人三脚!逆にアリだね!

私:そも、相手がいないので無駄な心配ですけどね。

ポ:そーれーはー、これからできるじゃん?心配無用だって!

私:いや、今までできなかったのに今更できるとは思えない…

ポ:いやいや!イマジネーションを膨らませてみ?君の目の前に理想の女性がいるとするじゃん?

私:…はあ。

ポ:その女性が上の小枝さんのことが大大大好き!ラブラブちゅっちゅ♡なのよ。

私:いや、有り得ない。

ポ:いやいや!頑張って!上の小枝さんならできるって!おいら、信じてる!

私:…じゃあ、想像だけしてみますけど…

ポ:流石、話が分かるー!で、で、上の小枝さんは告白するために彼女をデートに誘う訳よ☆

私:待ってください。私が告白するのですか?

ポ:お?お?告白されたい?良いよ、良いよーどんどんされちゃおうぜ!

私:いや、私の理想の女性を私が好きになるのか?ということなんですけど…

ポ:ずこー!えええ、理想の女性なんだから好きになる一択でしょー!

私:ええ…?そりゃ理想の女性ですから、好き?になるとは思いますけど、恋愛として好きとなるかはこの30年で今まで一度としてなかった現象だから甚だ疑問しかないです。

ポ:オッケーオッケー、上の小枝さんはその女性のことが大大大好き、フォーリンラブ♡なのよ。

私:ええー…それってどういう状態…?

ポ:それはもう、その女性のことを一日中考えていて、その女性が笑うと心臓がドキドキきゅん♡、彼女のためなら火の中、水の中、焼き土下座☆彼女と一緒に居ることが自分のすべてになっちゃうような状態?キャー、恥ずかしい☆

私:それは、病院に行った方が良さそうですね。

ポ:恋の病はお医者さんでも治せないぞ☆

私:もしくは警察ですね。ストーカー予備軍じゃないですか。

ポ:彼女は君に逮捕されたがっているぞ!バキュン☆

私:…というか、相手もそういう状態?若干怖いのですけど…

ポ:そんなこと言うお口はチェック!女の子の恋は素直に受け止めな☆

私:お前、本当に私が書いたキャラクターか?

ポ:それタブーだよー?あ、積極的にメタ発言しちゃう方向?良いね!サムライだね!

私:いや、意味が解らないし。私が普段考えないことを言うから…

ポ:上の小枝さんは実はポジティブだった!

私:それはない。

ポ:なかったー!ツイッター

私:はあ…それで?

ポ:それで?…ああ!そうだったそうだった、うっかり八兵衛してた!許して五右衛門☆

私:誰が五右衛門だ。

ポ:次元が良かった?

私:そういうことじゃない。

ポ:まあまあ、落ち着いて?三点倒立して聞いて?

私:三点倒立はしないぞ?

ポ:でねでね、まずは彼女にLINEを送るの。

私:唐突…いや、LINEって。連絡先を知っている前提なの?

ポ:もう、また話の腰を折って。ヘルニアになっちゃうよ!

私:あ、いや、ごめん…

ポ:許す!全おいらが許しちゃう☆

私:…あ、はい…

ポ:もちろん、連絡先は知っている前提よー?で、LINEで彼女とたわいのないやりとりをして。

私:会話が続くだろうか…?

ポ:続く続くー、線路は何処までも続くー☆で、で、彼女の予定をそれとなく聞き出しちゃうのよ!

私:そ、それとなく…

ポ:もちろん、彼女は全裸待機しているから、これこれこの日が空いてるって教えてくれちゃうのよ!

私:風邪を引くので服は着て欲しいですね。

ポ:比喩表現!文才が爆発しちゃった!テヘ☆それでそれで、上の小枝さんは勇気を振り絞って「私と遊園地に行きませんか?」と送る訳よ!

私:遊園地とはまたベタな…

ポ:え?バンジージャンプが良かった?

私:遊園地でお願いします。

ポ:イエッサー!もちろん彼女は2000%オッケーなんだけど、あんまりグイグイ行くと引かれちゃうから、ちょっと素っ気なく「別に良いですよ」とか!本当は嬉しいくせに!

私:…はあ…それで?

ポ:それで、デートの約束をして、その日は眠ろうとするけど、眠れない!お互い悶々としちゃう!可愛いー☆

私:何か、私はお前が怖くなってきたのだけど…

ポ:えー、なんでなんでー?ポジティブシンキングしようぜー?

私:そんな都合の良い展開が私にあると?いや、これも話の腰を折るのだけど…

ポ:分かっているじゃーん☆利口な子はおいら好きよ?

私:しかし、この話続くのか?ちょっと疲れたんだけど…

ポ:じゃあ、告白しちゃう☆上の小枝さんが「好きです!」と言って、彼女が「私も!」と言って、その場で熱く抱擁してキス!これで決まり!

私:端折り過ぎでは…?いや、と言うか、キス?

ポ:気持ちが通じ合っているんだから!ガッとやってしまいな!

私:いや、相手が嫌がるかもしれませんし、キスはちょっと早いような…

ポ:そんなん勢いで良いの!考え過ぎ!むしろ、お城にご招待しちゃえ!

私:えええ…何か色々と間違っている気がする…

ポ:間違い?いいえ、あなたと出会えたのは間違いじゃない!運命さー☆

私:いや、申し訳ないけど、その相手がいないんだって。

ポ:あれ?そうだったっけ?

私:何で忘れているの…お前の妄想だよ、全部。

ポ:でもでもー、本当に本当にあるかもー?しれないよー?

私:…今言った妄想が?

ポ:そそ☆全裸待機してくれる彼女さんができるかもしれないよー?

私:比喩表現じゃなかったのか。

ポ:直喩です。すべてを受け入れてくれる的な?

私:…うーん、信じられないな…

ポ:じゃあ、代わりにおいらが信じちゃう!上の小枝さんには素敵な女性とくっ付いて、キャッキャウフフな甘々なバカップルになっちゃう!

私:バカップルですか。

ポ:それで色々あるけど、最終的には幸せいっぱい夢いっぱいな毎日になーるーのーさー♪

私:具体性が何一つないな…まあ、お前が信じるなら、そうしてもらおうかな?

ポ:任されたー!化かされたー!ポンポコリーン☆

私:だから、意味が解らないって…

ポ:かーらーのー?

私:いや、何もない。「からの」じゃない。

ポ:もう!ツンデレなんだからー!

私:何処を見てそういう発想になった?

ポ:「お前が信じるなら、そうしてもらおうかな?」

私:うん、何か言い残すことは?

ポ:わー、怖ーい!怖いからおいらここらで退散しまーす。バイバーイ☆

私:………はい、書いてきましたけど。

  何だこれ?

  ポジティブが勝手に喋り始めた気がする…

  キャラクターに喋らすのは、何か劇薬だな…

  文字数も凄いことになっているし…

  もう少し書いてみますけど…いや、止めた方が良いのか?

  …まあ、ゆっくり考えます。