読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

覚えてなくても、大抵どうにかなる。

学習を取っ掛かりに考えます。


f:id:uenokoeda:20170123224359j:image

 

夕食時になり、愛犬にエサを与えるために声をかける母。

しかし、愛犬はこちらをじっと見て動こうとしません。

エサを食べにゲージに入れば閉められることを知っているからです。

食事中、机の上のを食べられないようにするための処置ですが、普段食べるエサでは物足りないのか、はたまた遊び足りないのか。狛犬のようにじっとしています。

 

私はおやつに食べていた餡まんを愛犬の鼻先にちらつかせました。

すると、食べられると思ったのか匂いを嗅ぎ、興味津々の様子。

私は餡まんを持ってゲージの方へゆっくり動きます。愛犬はそれに釣られてふらふらと動き出します。

愛犬はゲージの中のエサに気付くと一瞬気をとられてゲージに入る愛犬。閉める私。

愛犬はガチャンと音で「しまった!」とゲージで暴れるも後の祭り。しょげたような顔をして渋々エサを食べ始めます。

次は通用しそうにないでしょう。

 

何かを新しく覚えると言うのは中々大変です。

私なんかは覚えるよりも忘れたことが多いです。

高校は農業高校でしたが、覚えているのはアミノ酸ブドウ糖の単語だけ。

専門学校でデザインを学びましたが、今じゃあどう扱うのかさっぱりです。

仕事では、橋の点検や下水処理をしましたけど、うっすら何かやったような気になっているだけ。

…はい、何も覚えていませんね。

 

人の名前も完全に駄目ですね。1年前に関わった人の名前がもう思い出せません。

漫画は趣味ですけど、全体のストーリーは何となく分かるけど、作者やキャラクターの名前、台詞、漫画のタイトルは基本覚えてません。

一体、何を考えて生きているのか?無知であることに無恥です。

 

しかし、何かしら学習はしなければなりません。

直近で覚えなければならなそうなのは、新しい仕事に関わる機械系の知識、でしょうか?

機械に疎いのに、機械について勉強しなければならないとは…

 

私の場合、必要最低限だけ覚えていれば良いかな?と言う姿勢です。

自動車の運転は、アクセルとブレーキと信号は気を付ける程度の知識です。

心配だから、運転席のドアポケットに教習所で買った本を忍ばせています。

でも、滅多に読まないですけどね。お守りのようなものです。

運転できれば、何とかなる。

 

と言うか、私の人生全般ですけど。

あえて、言い切る。

 

覚えてなくても、大抵どうにかなる。

 

相手が話しているときは、相づちを打って時折相手と同じことを繰り返して会話します。

知識がないから、「○○だよね?」と振られても、何となくしか答えられません。

相手は呆れるか、諦めるか、察するかで会話が続きますけど、それでも何とかなるものです。

 

知ってなければならないことは当たり前のことだけ知っていれば良いでしょう。

何を以て当たり前かは人によって違いますけど。

会社の常識は世間の非常識、なんて言葉はありますが、どっちが正しいかなんて私には難しいですね。

だから、私の中で「これだけは守れば良い」と言うのは考えてます。

 

悪いことをすれば、謝る。

親切にされたら、礼を言う。

遅刻はしない。

 

うーん、これだけ守れば良い?当たり前過ぎます?

まあ、それで何となく生きてこれますから、特に気にしてませんけど。

 

当たり前が当たり前に行えるように意識したいなー、と他人事のように考えます。

学習は一体、何処に?私に聞いても仕方がないですよ(無責任)

 

皆さんの学びが実を結びますように。