読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

あなたの身体は替わりはないが、あなたの仕事は替わりがある。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

疲れを取っ掛かりに考えます。

 

何やかんやで夜勤には慣れつつあります。

当初あった違和感も薄らいつつあります。

ただ、じんわり疲れが残っているのか、起きるとき身体の芯が重いような感じがあります。

身体を如何に癒せるか、が目下気になる所です。

 

疲れていても働くと言うのは変な感じがします。

運動系の部活している人は昼休みに寝ている、かもしれません。

私が1時間休憩のときに寝ているからですけど、軽食と準備で実質20分くらいの睡眠しか確保できません。

1時間なら1時間しっかり休みたいですけど、そう都合良くいかないでしょうね。

 

仕事の終盤には空腹と眠気が襲ってきます。その上疲れも後から追随してきます。

まあ、仕事の終盤なんて大抵同じだとは思いますけど。

 

疲れているなら疲れていると自分に素直になった方が良い気がします。

たった一つの身体、替わりなどないのだから。

私が倒れても別の誰かが仕事を負うから、替わりは沢山あるのです。

あえて、言い切る。

 

あなたの身体は替わりはないが、あなたの仕事は替わりがある。

 

つまり、頑張らなくても良いんじゃない?

頑張りたい人は頑張れば良いでしょうけど。

ただ、疲れを放置して仕事ができなくなると本末転倒ですから、ほどほどに。

あれ?私はどうなんだろう?…まあ、自愛しましょ、お互いに。

 

何はともあれ、これで良し。