読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『ひとり自由俳句その3』

詩を書きます。

詩を書きます。

1月にTwitterで投稿した俳句。

その3か…思った以上に分量が増えたな…俳句のカテゴリーを別に作ろうかと考え中。

 

『ひとり自由俳句その3』

 

父親の、怒鳴る顔見て、首傾げ。

 

空元気、見せかけ実は、超元気。

 

あの時の、思いの丈は、燃え尽きぬ。

 

季節感、かなぐり捨てた、十七字。

 

解らない、瞬き一つ、及ばない。

 

新聞を、切り抜く姿、母怯え。

 

空き缶を、後で捨てると、また並べ。

 

滔々と、注ぐ灯油と、耽る夜。

 

目指す先、金星火星、取り合えず。

 

蜘蛛の糸、掴む亡者を、眺める吾。

 

無責任、その神様に、仕えてる。

 

あの人の、笑顔に返す、変な顔。

 

繰り言を、手繰り綴った、寄せ集め。

 

諦念が、金科玉条、吾の支え。

 

お雑煮に、カレーの粉末、間に合わせ。

 

水素水、知らぬは仏、愚者の幸。

 

うたた寝し、寝ぼけたままに、日を跨ぐ。

 

朝六時、雪かきの音、外を知る。

 

閲覧者、考慮せぬまま、投稿す。

 

諭吉さん、最初十人、今一人。

 

人まだら、一人参拝、初頼み。

 

孤立する、理由探して、また孤立。

 

まろび出る、言の葉聞かれ、しかめ面。

 

励まされ、凹んだこころ、隠す笑み。

 

白髪ある、親の頭に、見ない振り。

 

間違える、是正する知恵、吾には無く。

 

何度目か、世界を閉ざすのは私。

 

順番を、耳をすまして、じっと待つ。

 

悩み事、長風呂したら、茹で上がり。

 

履歴書に、載せる写真は、剃った顔。

 

英文の、返信急ぐ、翻訳機。

 

自己の底、水面に浮いて、また潜る。

 

推敲し、考察してたら、夜が明けた。

 

振り向けば、呟いた跡、点々と。

 

氷道、最強寒波、いざ勝負。

 

世を拗ねて、自分の影と、にらめっこ。

 

引き延ばす、無味な言葉と、散歩道。

 

矮小な、吾の深層は、広大だ。

 

些末だが、動いたことは、事実だし。

 

愛犬や、少し落ち着け、エサはある。

 

無一文、桎梏の身に、空っ風。

 

何那由多文字書いても、足りぬ意味。

 

美術館、絵と吾の対峙、余分なし。

 

正直に、嘘吐き名乗る、半端者。

 

ポジティブに、言わせてみたが、無理がある。

 

ほら呑めや、酒を呑め呑め、と濁され。

 

怠けども、暇に潰され、職探し。

 

鳥頭、過去を三歩で、置き去りに。

 

外にいる、福を招くに、豆を煎る。

 

「暇だ、暇」、寝言繰るのに、忙がしい。

 

少女像、そっとマフラー、されるけど。

 

七度目の、再放送を、母と観る。

 

面接後、今か今かと、電話待つ。