読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『告白』

詩を書きます。

昔、バレンタインデーについて書いた詩があったな、と思って発掘。

2月も終わるし、ここら辺で投稿。

来年はチョコレートが食べられるかは謎。

 

『告白』

 

2月14日の夕焼け時。

河川敷沿いの通学路。

髪を染めた短髪の少女。

待つ相手は幼なじみの男の子。

 

少女が着ているのはピンクのライン入りの黒生地のスウェット。

そのスウェットの右ポケットには100円のチョコレート。

左ポケットには手作りのチョコレート。

少女は今日、幼なじみに告白の予定。

 

自転車に乗って来た幼なじみ。

少女は短く彼に聞く。

「チョコレート、欲しいていうから」

「右と左、どっちが良い?」

 

少女は願う。不安な気持ちを押し殺して。

幼なじみは答える。

「両方、じゃ駄目?」

「俺は両方欲しい」

 

少女は怒る。嬉しい気持ちをひた隠して。

少女は告白する。

「好き」

 

2月14日の夕焼け時。

河川敷沿いの通学路。

髪を染めた短髪の少女。

影が重なり一つになる。