読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

有給休暇は積極的に取るべき。

有給休暇を取っ掛かりに考えます。
 
不慣れの上に未経験なド新人の私は雑務だろうと仕事を頂ければ有難いです。
休日は頂けますし、有給休暇を自由に利用!とか言える立場でもないです。
 
ただ、普通に働く友人が上司から「日本人は有給休暇を取らない」的な説教をされたと愚痴ってました。
何だか釈然としない気持ちになりました。
 
そこで、有給休暇は取るべきかどうかを考えます。
 
まず、有給休暇は何故あるのか?
 
人によって解釈の違いはあるでしょうが、私は「心身共に休ませることが会社の利益に繋がる」ことと考えてます。
 
身体あっての仕事です。身体を壊してまで働けば会社に迷惑がかかります。
また、精神的に病んだ場合も同じく無理をして働いても却って会社・個人両方で不利益になります。
 
前提としては一定の仕事をこなしている、信頼関係が成立していることではないでしょうか?
新人のときはまだ信頼関係は築けませんから有給休暇が取りづらい、と。
 
また、上司の人の言い分の中に「ノロにかかったときも会社に出ろと言われた」というのがありました。
どういう経緯でそうなったのかは解らないので憶測になりますが、これは中々の問題です。
 
ノロとはノロウィルスのことでしょう。
ノロウィルスは感染のリスクがあります。
また、体調が芳しくないことも明白です。
 
にも関わらず、会社に出勤したら、会社内で感染する可能性がある上、仕事効率が落ちた人間を置いている訳ですから不利益が大きいように感じます。
 
この例は極端ですが、軽い風邪なら出勤する人もいるでしょう。
この中に有給休暇を取る選択肢は優先順位が低いように感じます。
 
では何故「取りづらい」のか?
 
誰かが休めば、その穴埋めに大勢が動く事になるからです。
 
日本人は、というべきでしょうか。この迷惑をかけることに敏感な気がします。
私が休めば、大勢に迷惑と不快感を与えることへの恐怖、もしくは気遣い、優しさ。
 
それが有給休暇を取りづらくあることになります。
そしてそれは悪い事ではないでしょう。
 
しかし、身体は一つです。私はこの身体を大事にすべきだと主張します。
 
ピアスを空けるのも、タトゥーを入れるのも構いません。その身体はその人自身の身体だからです。
 
会社はどうでしょう?大勢の人がいますが、一人くらい居なくなっても問題なく動きます。
例えば社長クラスの人だと事情は違うでしょうが、それでもその身体は一つです。
 
この替えの利かない身体が壊れたら、その先の人生を誰が責任を取ってくれるのでしょうか?
あえて、言い切る。
 
有給休暇は積極的に取るべき。
 
以上です。ご精読ありがとうございます。