読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『小雨』

詩を書きます。

 

『小雨』

 

小雨が降る。

 

雨粒が川に降り注ぐ。

降り注いだ雨粒が水泡になる。

水泡が苔の蒸した石に張り付く。

苔の蒸した石に張り付いた水泡が鱗になる。

薄い銀色の光を携えながら苔の蒸した石は一匹の魚になる。

 

一匹の魚は川を下る。

冷たい川の流れに任せて。

一匹の魚は海へ出る。

 

一匹の魚は遠くを目指した。

石であった頃、変わらない景色から。

石であった頃、空想した景色へ。

一匹の魚は遠く遠くを目指した。

 

嵐にあった。

鯨に会った。

虹を見た。

船を見た。

木が流れていた。

プラスチックが流れていた。

 

一匹の魚は遠くへ来た。

美しかった鱗は剥がれ落ち、水泡になった。

一匹の魚は苔の蒸した石になった。

深い深い海の底へゆっくりと落ちる。

 

やがて、底らしい場所に着いた。

苔の蒸した石は暗い海の底にいた。

苔の蒸した石はぶくぶくと泡立った。

泡立った苔の蒸した石は、天へと上った。

 

幾数年の月日が流れ。

苔の蒸した石は小雨となった。

苔の蒸した石のいた懐かしい川へ。

 

そうして、小雨がまた降る。