読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

41

無農薬野菜も考えものだ。

休憩時間にちょっとしたハプニングがあった。

 

1時間の休憩時、2階にある食堂で軽食を食べようと工場から出る。

厳重に衛生管理されているので、少し窮屈だ。

上着や帽子を脱いでも大丈夫な食堂は気持ちも少し緩められる。

 

席に着き多少乱雑に実家から持ち込んだタッパーを開けた。

中身はトンカツとキャベツだ。

しっかりと揚げられたトンカツは冷めているが、じゅわっと言う音が聞こえるかのような甘味と歯応えがあり、しゃきしゃきのキャベツが口の中をさっぱりさせる。

 

軽食に舌鼓を打っていると、机の上で1mmのキャベツの破片が動いたように見えた。

果て、気のせいか?とよく見てみた。

青虫だった。

恐らく、キャベツに付いていたのを連れて来たのだろう。

 

さて、困った。一般の人も利用することがあるとは言え、食品工場の施設内の食堂だ。

衣服にでも付いたら大事だ。

こういう時に限ってティッシュペーパーが切らしている。

仕方がないから、空にしたタッパーの中に落として蓋をする。

 

ふと、食べ物の扱いの違いを考える。

片や、毛一本も許さない衛生管理された食品工場。

片や、青虫が付くのは美味しい証拠の無農薬野菜。

 

無農薬野菜も考えものだ。

これが野外なら、気付かれることなくひっそりと野に帰ったかもしれない。

青虫にとっては食品工場の施設で見つかったのが運の尽きでした。

青虫には悪いが、私の保身のために散ってもらう。

 

5月、春の夜の一幕。

 

投稿します。