ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

@言い訳のためにはてなブログをしている。

かなり久方ぶりにブログ運営について書こうと思い立つ。
事の発端は購読しているブログの一つに、気になる記事があった。

はてなブログをはじめて良かったこと - だいたい日刊 覇権村

何でもマイお題で皆さん?に聞きたいことらしい。
マイお題…そう言えば、そんな機能もあったな…と他人事。基本他人事で済ませる。
そして、そのお題目がタイトル通り、「はてなブログをはじめて良かったこと」だ。
ぬんとなしにやってみようと考える。
(無断でやり始めるけど、大丈夫だろうか?少し心配)

お題「はてなブログをはじめて良かったこと」

さて、はてなブログをはじめて良かったこと…良かったこと…何かあるか?
こう、パッと思い付かないな…
完全に私の為に書いているけど、具体すると何だろう…?

このブログは9月の初旬にはじめているので、そろそろ9ヶ月になる頃合いだ。
そして、12月辺りを除いて毎日投稿している。
そんな当ブログのPVは平均20PVだ。
9ヶ月、ほぼ毎日投稿して20PV。ある時期には10PVを割り込む時もあった。

収益化など以ての外だ。
はじめて良かったかどうかははじめる前とはじめてからの変化があるだろうが、9ヶ月、ひたすら詰まらないことを書いただけ。
桜は咲いて散ってもバス停の案内板は微動だにしないような変わらなさ。
変化があったとしても運行時間の昼の時間が10分ずれたくらいの微妙なものな気がする。

だから、私にとって良かったこと、と決め付けるならば。

言い訳のためにはてなブログをしている。

人付き合いが苦手な私はSNSでも孤立しがちだ。
他人に興味が薄いのが投稿の端々で読み取れるのか、気付けば交流している人は極々僅か。
そのくせ、放置癖があって3ヶ月4ヶ月放っている。
普通だったら辞めるだろうけど、何故かどのSNSも続けている。
それは、「SNSをしている」という事実が人との関わりを維持しようとしている、「普通の人」のように装えるから。
ブログは一方通行な感じが私に合っていて、繋がりを持とうとしているように見えなくもないのが良かった点その1。

当ブログは収益を目的にしていない。
当ブログは「継続」そのものに重きを置いているとも言える。
私は兎に角「継続」することが駄目だ。
何かしらやりたいこと、頑張らなければならないことを「継続」しようにも、いつも頓挫している。
クソ以下のグズな私はいつも約束を破っている。
「継続」をすること、例え内容がスッカスカでも「継続」している。
私はこれだけ書いているのだ、という自己弁護のためのブログだ。
何とか今日まで「継続」の体を成しているのは良かった点その2だ。

私の思考は危険思想だ。
それで人生を修正せざる得ないことになった。
それでも自分の考えを言葉にしたい構ってちゃんな私は策を弄する。
即ち、「詰まらない」こととしてしまう。
私にとって「詰まらない」ことでも他の人にとっては面白いことかもしれない。
「詰まらない」ことを突き詰めることと言うのがこのブログの趣旨だ。
そして、私の言葉は私が気付かない内に過激になったとしても当ブログにおいて等しく「詰まらない」こととなる。
私の為に、「詰まらない」ことが書けるということが良かった点その3。

他にもあるような気がするが、悉く私の為の「言い訳」だ。
本音しか書いてないが、あの手この手でぼやかして建前にしている。
大変面倒な私にはてなブログは寛大だ。

はてなブログをはじめて良かったことは、私が言い訳に利用しても許容してくれること。

んー、ネガティブ!
いやー、これ、また避けられるかな?
…まあ、こういう思考なのです。

皆さんはどうでしょうか?