ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

90

「天才は1%のひらめきと99%の努力でできている」とはトーマス・エジソンの名言だ。

この言葉は、私が小学生の時に、図書館にある偉人伝で読んだような記憶がある。

 

どんなことも努力が大事なんだなー、と子どもながらに感じた者だ。

しかし、どうやら、エジソンの言いたかったこととはどうも違うらしい。

 

「天才は1%のひらめきと99%の汗」と翻訳されているが、浜田和幸さんによれば、「ひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」という意味らしい。

ここら辺を知ったのは、高校3年生くらいだろうか?

私の捻くれた性格に一役買ってくれたことは違いない。

 

それで、改めてどういった趣旨の発言だったのか?とちょっと調べてみた。

すると、エジソンは様々なインタビューの中で、「ひらめきは、努力が最も必要」である趣旨の発言を多くしているらしい。

 

つまり…「1%のひらめきのために、99%の努力ができる人が天才だ」ということだろうか?

この解釈だと浜田和幸さんの解釈も存外に間違っていないことに??

 

どうも、発言の真意は明確は証拠がないので、受け取る側に委ねられている部分があるようで。

そうした場合、受け取り側によって「努力は素晴らしい」と歪められた可能性が…

 

うーん、何もひらめかない。努力が足りないな…

まあ、生まれてこの方、努力らしい努力などしていないけどね!

 

1%のひらめき、ここにきっと真意があるに違いないと感じる。

と個人の意見を書いてみる。

 

投稿します。

広告を非表示にする