ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

104

無事、共演を果たした。

時間で言えば、6分くらいらしい。

とにかく、一安心した。

 

「ナナシノエイト“名も無きオープンマイク0 松本編”第8夜」に参加した。

初めて参加したのが、今年と同じように暑い去年の夏、もう1年が経った訳だ。

そして、長野市の朗読家、植草四郎さんをお見かけしたのは、3月のナナシの0だったように記憶している。

あの頃は、まさか本当に共演まですることになるとは、夢にも思わなかった。

 

この記事に、当日のパフォーマンスを簡潔に記す。

何か思考するときの役に立つことを願って。

 

まず、オープンマイクの一番手に挙手した。

今回の構想は、観客を巻き込んでする方向だったので、なるべく観客が多い序盤でやろうと植草さんと相談して決めた。

普段は中盤から後半から参加するので、嫌に怖かった。

 

舞台装置として、フットシート、傘、フェルト布を、赤と青それぞれ一つづつ用意した。

対決の構造様式であったため、赤青で分けてみたのだ。

また、名前が分からなくても、赤の方の人、青の方の人と初見の人にも視覚で捉えられるようにとの考えもあった。

私は更に青のレインコートを着て、より分かりやすくしてみた。

(ただ、レインコートを含めて色分けについては、説明をしていなかったため、後に説明したときに「分かりづらいよ」と言われた。反省)

因みにすべて100円均一ショップで買った。

 

導入、司会進行としてちくわと油揚げが闘う旨を簡潔に伝える。

そう、ちくわと油揚げの闘いなのだ。

この部分だけ聞くと、謎だし、共演の話の流れを聞いたとしても、やはり謎だろう。

ただ、何かしら関連付ける必要はあると考えた。

そこで、ちくわ=カマボコの仲間=海の物、油揚げ=豆腐の仲間=山の物として、海と山の物の戦いと位置付けてみた。

 

互いの手には現物がある。

即ち、植草さんの手にはちくわ、私の手には油揚げがある。

 

「先攻、ちくわ」と宣言して、植草さんと交代。

流石、歴戦の朗読家、声の張りが違う。

出だしに「ちくわ侍」を名乗って不届きな油揚げを成敗するとしたのは、対決色を際立たせて、良かった。

植草さんには、3分でのパフォーマンスをお願いした。

全部で8分のマイクパフォーマンス、お互いにパフォーマンスをすると、1人3分前後が限度だ。

その3分間で、短い詩を次々と目まぐるしく読んでいき、観客を沸かせた。

夏休みということなのか、小さいお子さんもいたのだが、その子も笑っていて、共演できたことを嬉しく感じると共に、緊張が高まった。

 

植草さんのパフォーマンス後、再び、私が前へ。

「後攻、油揚げ」と宣言して、パフォーマンスをした。

以下に喋った内容を記述する。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ちくわに勝つ。

 

戯れ言を一つ。

 

油揚げは、キツネの好物と言われている。

 

その昔、京都伏見稲荷大社、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、通称、稲荷大明神の使いとしてキツネは神格化され、五穀豊穣を願って狐穴に鯨油で揚げた油揚げをお供えしたのが始まりとされている。

 

何故、油揚げなのか?

 

実は、油揚げはあるモノの代替えなのだ。

 

それは…ネズミである。

 

油揚げはネズミの代替えなのである。

 

キツネが神格化した背景の一つに、畑を荒らすネズミを食べてくれることが上げられるが、神仏習合された日本で、殺生は禁じられていた。

 

そこで、お米を詰めた油揚げをネズミに見立ててお供えしたのだ。

 

代替えするために油揚げはあるのだ。

 

(油揚げを出す)