ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

159

ひんやりとした部屋の中、軽く咳をする。

まだ風邪は居残っているご様子だが、その他の器官の異常はない。

ほぼ治った、と言って良いだろう。

 

日光東照宮観光で、小雨振る中、傘を差さずに歩いたのがいけなかったのかもしれない。

絹糸よりも細やかな雨に、境内は少し暗く、神おわす気振りをより深めていて。

神聖さ3割り増しでテンションMAXの私は、半日を使って、幻想の世界に浸っていた。

 

その時は、その時のテンションに任せていたが、帰宅して、仕事に向かう途中から、具合が悪くなり。

あれよあれよと言う間に風邪っ引きに。

寒い季節になってきたのだから、気を付けないといけない、とまた咳をしながら考える。

 

さて、3連休明けの日と、風邪を引いて療養していた日の、計3記事の短文記事を書き直し作業がある。

770文字を3回、2310文字以上をひいこら言いながら書く。

私が真面目に書いた時の1記事分の分量に…

 

書き直しても、誰も読まない。

タイトルが数字だから、検索でお目当ての記事にはならない。

当ブログで「あの記事は何処だっけ?」と探すにも、やはり数字だから、書いている私でさえ見失う。

その上、書かれている内容が、これまた何の益にもならないことばかり。

投稿した日なら読まれても、投稿し終えた後の書き直しなど、誰も読まない。

 

誰も読まないのに、書き直す意味は?

それは、私のため、なのだが、自信がない。

というのも、いつもいつも私は、自分で決めた約束事を破ってきたので、約束を守った先が想像できない。

 

頑張らない人間の醜悪な末路、30歳になって未だ精神が幼い私。

それでも、私には珍しく、ブログは継続できている。

いつもの私なら、何処かで放置して、何ヶ月後に何食わぬ顔で記事を書くのだ。

ある意味、ブログを書くことに縋っている。

 

気色悪い、と俯瞰して見ている私は言う。

しかし、手放すつもりもない。

いや、手放してしまったら、また後ろから「ほら、また破った」と嘲笑う私がいるのが恐ろしいのだ。

 

背伸びしようと決めた、770文字。

その770文字を書くのを途絶えて、後ろ指を指す、私の影。

何か憤然やる方なしで、どうにも座り心地が悪い。

 

自分との約束を守った先など、本当は知らなくても良い。

ただ、そうした「当たり前」の行いをして普通な人になりたい私は、私には、必要な責だ。

背負わなくて良い、なんて言えるのは、第三者で、私が私の影に言う台詞ではない。

 

取りあえず、この記事を書いて、そろそろと付け加えるか、書き直す。

 

投稿します。

広告を非表示にする