ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

「私」に「名前」は要らない。

「名前」と「私」の関係を取っ掛かりに考える。

 

帰路の途中で立ち止まる。

長い旅路になるのは、もう分かっている。

月でも眺めながら、のんびり休むことにする。


f:id:uenokoeda:20180429200039j:image

 

休みながら、頭は想像する。

「私」とは一体、何なのか?

記憶するのにあるシステムの一部なのか?

 

「名前」と「私」は、繋がりがあるのだろうか?

それとも、「名前」と「私」には、何の関係もないのだろうか?

「名前」とは、一体、何なのか?

 

またぞろ、「私」について思考している。

月もぼんやり浮かんでいるし、ぼんやりと進めてみようか。

最近、考えていることを、そぞろ書く。

__________

目次

__________

 

1.「私」とは何か?

「私」とは、私の自意識である。

私の自意識は、私の意識に内包されている。

手の先に意識を向ける、遠い山に意識を向けるなど、意識は感じられるモノすべてを対象にしている。

その中で自意識、即ち、モノを感じている意識そのものに意識を向けているのだ。

私の意識が、私の意識を意識した時に現れるのが、「私」なのだ。

 

これは、入れ子構造でもある。

最初に肉体、身体がある。

その身体に意識が内包されている。

その内包された意識に内包されているのが、自意識、「私」ということだ。

 

2.「名前」とは何か?

「名前」は万物に意識を向ける際に用いられる。

花、と言えば、野原に咲く植物だ。

鳥、と言えば、青空を飛ぶ動物だ。

風、と言えば、空気が流れる気象だ。

月、と言えば、夜空に浮かぶ衛星だ。

 

更に、「名前」はより細部に向かう。

花なら桜、梅、菊、椿、藤、萩、桔梗となる。

鳥なら雉、鳩、鶴、朱鷺、鷹、雀、烏となる。

風なら、嵐、海風、つむじ風、颪、そよ風、春一番、凪となる。

月なら、新月、三日月、十三夜月、満月、十六夜下弦の月、三十日月となる。

 

「名前」は曖昧なモノを明確にする働きがある。

私の自意識を意識するために、「私」と「名前」は紐付けられたように感じなくもない。

では、本当にそうなのか?

 

3.もし、私が別の「名前」を呼称したら?

例えば、私は自らを「上の小枝の怠け者」と呼称している。

これを実在する人物の名前で呼称し始めた、とする。

実在する人物の名前を仮に「働き者」としよう。

 

実在するから、「働き者」さんのことを知っている人からすれば、私は偽名を使っているのは明らかだ。

「働き者」さんにしたら、自身が「働き者」なので、同姓同名でない限り、自分こそが本物で、相手である私は偽者となる。

 

では、「働き者」さんのことを知らない人Aさんに呼称したとしよう。

すると、Aさんにとっては、私の名前は「働き者」になる。

「働き者」さんと言えば、私になるのだ。

 

しばらくして、Aさんが「働き者」さんに会ったとしよう。

すると、「働き者」さんは「働き者」さん本人なのだが、Aさんにとっては目の前の人物こそが偽称している人間になるのだ。

「働き者」さんが自身こそが「働き者」である証明をして、初めて、いままで接してきた人物が「働き者」と言う名前ではないことを知るのだ。

 

更に、もし、実在する「働き者」さんに会うことがなかったら、Aさんの認識は一生変わらない。

また、実在する「働き者」さんが本物である証明が不完全、もしくは誤解を与えてしまったら、「働き者」さんは偽者のレッテルを貼られてしまうのだ。

 

SNSだと、このような事態はよくある。

所謂、乗っ取りになるのだが、その乗っ取りをした人の呼称がややこしくなる。

本当の名前が分からないから、以前の名前を打ち消すような呼び方になる。

つまり、「働き者さんではない人」となる。

 

「働き者さんではない人」は地球の全人口で考えたら、恐ろしいほどいる。

しかし、「働き者さんではない人」はたった1人を指すことになる。

「働き者」さんの存在する故に「働き者さんではない人」の存在を照らし、指し示すことになるからだ。

 

「名前」とはこのように、曖昧のモノを明確にするが、明確になるのは「名前」を付けた部分のみであり、「名前」がない部分は曖昧のままなのだ。

 

4.「名前」と「私」の関係は?

「私」について追求しているのは、私である。

私とは、「上の小枝の怠け者」だ。

「上の小枝の怠け者」は、私のことだ。

 

しかし、「働き者」と呼称しても私は「私」を追求する。

例えば、実在する「働き者」さんが「私」を追求していなくとも、「働き者」と呼称する私は「私」を追求する。

「働き者さんではない人」と呼ばれても、私は「私」を追求する。

 

「名前」が照らしているのは、あくまで一部であり、すべてではない。

細部の思考だが、その細部も私が分ければ良いのだ。

「花」が「雉」でも、「鳥」が「嵐」でも、「風」が「新月」でも、「月」が「桜」でも、私が何を指し示すのか分ければ良い。

 

よって、私は宣言する。

あえて、言い切る。

 

「私」に「名前」は要らない。

 

夜も更けて、来た。

月、いや、「桜」でも眺めながらのんびり過ごす。