読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

「労働」をしていれば何れ正当な「相応の対価」がある。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

労働を取っ掛かりに考えます。

 

労働、それは社会の繁栄と安寧のために人々が身を粉にして働くこと。

労働、それは幾ばくかの金銭を得るために社会に従事すること。

労働、それは面倒で疲れること。

労働、今とてもお前が恋しいよ。by30歳無職

 

労働について考えますけど、商才がないので切り口が雇用される人間の思考になります。

と言うか、正直必要最低限の労働で心のオアシスが涸れない程度なら雇われで構わない私がどうこう言っても微妙なのですけど。

キングコングの西野さんのweb上の無料公開で盛り上がっているらしく?

それで、メルマガさん(知人)から労働について以下のお題目を何となく頂きまして。

 

「何かしらの労働にはそれ相応の対価を支払うのが大事」

 

お題目を頂いた時に面白いな、と感じまして。

ちょっとそろそろと書こうかな?と。

まあ、軽く聞き流してください。

 

まず、問題?になっていることを西野さんがブログでコメントしています。

 

キングコング 西野 公式ブログ - 絵本とフリーミアムの相性 - Powered by LINE

 

所感は、「西野さんは真面目にやっているのね」ですね。

フリーミアムと言うのは初耳です。評価経済?さっぱりですね!

そういうのを勉強して実行していて、「何かすっごい弄られている人」と言う印象でしたが、このブログを読んで「真面目だな」という印象に変わりました。

 

それで、ブログで紹介されている画像について。

正常な循環は「そうだろうな」と感じました。クリエイターが作った物に対して欲しいと言う人がそれに見合った支払いをする行動は正しいでしょう。

ただ、2枚目の画像はちょっと良く分かりませんでした。無料で何かを配布したとして、何でそれがクリエイターが食っていけないことに繋がるのか?

最初は大多数の人間が無料で配布することが前提なのかな?と考えました。全体のシステムとして「無料で配布する」ことが前提になれば、市場の死になるでしょう。

ただ、読み進めてみるとどうやら西野さんの発言___

 

「お金がない人には見せませーん」ってナンダ?糞ダセー。

 

この部分だけがクローズアップされてしまって、「労働は無償にすべき!」と捉えられたようだ、とあります。

しかし、ブログを全て読むと西野さんは決して「労働は無償ですべき!」と言う論調ではなく、「一部無料で公開しても問題ない」と言うことが伺えます。

絵本に限らず、漫画の一話を丸々無料公開は普通にしています。それで漫画を買うかどうかは消費者が選択することです。

でも、漫画の一話を無料公開したからと言って、漫画業界が衰退したとは聞いていません。

同じ情報でもデータと紙媒体では付加価値が違うのは感覚的に分かります。

情報が欲しいならデータで事足りますが、表紙の美しさや、本で捲る時間などは紙媒体でなければ得られませんし、電子書籍があっても紙媒体の魅力はなくならないでしょう。

 

なので、西野さんの主張は正しいと考えます。

書籍媒体にはフリーミアムという方法は有効だろうな、も併せて賛同します。

 

次いで、労働の対価で言うと金銭が一番分かりやすいのでしょうけど。

私は社会の維持、発展の発展がポイントだと考えます。

 

例えば。

朝、起きると雪がこんこんと降り積もっています。

寒くて仕方がなく、このまま眠り続けたくなります。

しかし、そうすると雪はどんどんと降り積もり、やがてはドアを圧迫して外に出られなくなるでしょう。

だから、雪かきと言う「労働」をします。しかし、この場合に金銭は発生しません。

重たい雪をせっせと端に除けて、自動車や人が通れるように工夫する「労働」をしているのに1円も貰えません。

もちろん、行政や道路事業者が雪かきをすることがありますが、私の家まで一から雪かきをしてくれません。

しかし、雪かきをしたことによって、道を歩けるようになりますし、自動車を出すことができるようになります。

 

「労働」には「相応の対価」を支払うべき、と言うのは、私はこんなに頑張ったのだから、誰か認めて欲しい!というようなことではないでしょうか?

また、ホテルなどのサービスという「労働」に会社は金銭を支払うのは当然だとして、「相応の対価」とは一体なんなのか?と言えば、「より良くする」ことをしようとしたことへの見返りです。

私は「労働」をすることによって「より良くする」ことをすれば回り回って自分のためになると考えます。

雪かきはお年寄りは腰が痛くなりますから、私がせっせと雪をかきます。これが私が歳をとったときに私より若い世代がせっせとしてくれるだろう、と言う信頼です。

「労働」の真価とは、未来への投資であり、自分の未来がより良くなるための行動です。

故に、「労働」の「相応の対価」とは。

あえて、言い切る。

 

「労働」をしていれば何れ正当な「相応の対価」がある。

 

西野さんは社会が良くしようとするのは、自分のためだ、とブログでも書いてます。

「労働」とはまず、社会なり生活なりを「より良くする」ための行動であることと考えるので、この部分も賛同します。

こう書いていると、西野さんの考え方は割と私の考え方に近いのかもしれません(何てちょっと気持ち悪いことを考えましたけど)

 

私の前提が「支払い」はあることを前提にしているので、「支払い」がないこと(ブラック会社など)の視点ではありません。

その部分はまた考えなければならないでしょうけど、基本は「より良くする」ことが本質なのではないでしょうか?

 

無職が偉そうに「労働」について語っていますが、やはり聞き流してください。

皆さんのたゆまぬ「労働」が実を結びますように。

 

『事の真相は宴の席で』

詩を書きます。

詩を書きます。

近所の新年会で出席しましたので、何となく思い付いた詩です。

 

『事の真相は宴の席で』

 

有耶無耶に為る前に

あなたに聞きたいことがある

絢爛豪華な宴の席で

誰かに囁いたあの言葉の真意は?

酒を一献呑んでから?仕方がないですね。

 

うやむやになるまえに

あなたに、ききたいことがある

けんらんごうかなうたげのせきで

だれかにささやいた、あのことばのしんいは

さけをもういっこん?しかたがないですね。

 

むにゃむにゃににゃるまーえーにー

あにゃたに!ききたい!ことらある!

あんの、ほら、きらきらした、うたげで

だれかしらないけど、なんかへんなこといったでしょー?

さけ?しゃかたないですねー!

 

酔い潰れたか、私が送るよ

大丈夫、心配ない

橋の袂まで運べば済む

何を聞かれていたって?

そうだな、次の宴で話すよ

@実験記事、と言いますか。私以外の人物と会話してみます。

閑話休題

閑話休題

 

今週のお題「恋バナ」

 

私:実験記事、と言いますか。私以外の人物と会話してみます。

  会話の内容は「恋バナ」、私とは最も縁遠いことの一つです。

  まあ、会話だしどうにかなるかな?

  では、出現させます…えいやそいやそー!

ポジティブな何か(以下ポ):おはよう!こんにちは!こんばんは!皆に愛されているポジティブだよ☆

私:うん、何かもうキツいわ…

ポ:どうしたー、どうしたー?元気ないよ?ちょっとひとっ走りしちゃうー?

私:いや、君を書いている私は客観的にどうなのかなって…

ポ:そ・れ・は、言わない約束だぞー☆

私:そうだね、空しくなるだけだね…

ポ:そうだよ!前だけ見よう!前転倒立しちゃおう☆

私:うん、狭いから止めてね?

ポ:え?恋バナがしたいって?

私:振りが雑。

ポ:しようぜ、しようぜ☆KO・I・BA・NA!フー!

私:そのつもりだけど…いや、大分したくなくなってきたけど…

ポ:上の小枝さんはー、どんな恋愛をしちゃたのー?

私:聞く耳なし…どんなって、恋愛なんてしたことないよ?

ポ:かーらーのー?

私:いや、無いものは無いから。

ポ:逆に!斬新ですねー!

私:いや、斬新って…え、馬鹿にしてる?

ポ:してない、してない☆じゃあ、どんな恋愛がしたいんですかー!

私:どんな…いや、まずお付き合いから想像できないのだけど…

ポ:えー?でもでもー、好きな女性とかあるでしょー?

私:…まあ…

ポ:おおっと!どんなのがタイプなん?ちょっとお兄さんに教えて☆

私:そうですね、清楚な感じで。

ポ:うんうん!

私:優しくて、凛としていて。

ポ:あるあるー!

私:一途で綺麗で。

ポ:なるほどなるほどー!

私:私と一緒に色々と考えてくれそうな人…

ポ:ほうほう!素敵やん!

私:そんな人は私を選ぶ訳ないのですけど…

ポ:そんなことはないよー?今、30歳?あと70年はあるじゃん!超余裕だって!

私:60歳越えたら要介護の未来しかないですよ…

ポ:そこに愛があれば良いじゃん?てか歳とか関係ないよ!

私:いや、子どもは欲しいじゃないですか…

ポ:良いね、良いね!子ども!可愛いよね☆

私:もし、付き合えるとしたら、この歳ですし、結婚を前提になりそうですし。

ポ:そうだね、そうだね!

私:結婚となれば、子どもの有無はあるでしょう?

ポ:家族になろうよー♪

私:でも、高齢になったらできませんし。

ポ:そこは頑張っちゃえよ!生涯現役宣言しちゃおうぜ☆

私:でも、収入がなければ、作れませんけど。

ポ:働こうぜー!子どものために汗水流そうぜ☆

私:まあ、でも相手がいらないって言えば、拘るつもりもないですけど。

ポ:夫婦二人で二人三脚!逆にアリだね!

私:そも、相手がいないので無駄な心配ですけどね。

ポ:そーれーはー、これからできるじゃん?心配無用だって!

私:いや、今までできなかったのに今更できるとは思えない…

ポ:いやいや!イマジネーションを膨らませてみ?君の目の前に理想の女性がいるとするじゃん?

私:…はあ。

ポ:その女性が上の小枝さんのことが大大大好き!ラブラブちゅっちゅ♡なのよ。

私:いや、有り得ない。

ポ:いやいや!頑張って!上の小枝さんならできるって!おいら、信じてる!

私:…じゃあ、想像だけしてみますけど…

ポ:流石、話が分かるー!で、で、上の小枝さんは告白するために彼女をデートに誘う訳よ☆

私:待ってください。私が告白するのですか?

ポ:お?お?告白されたい?良いよ、良いよーどんどんされちゃおうぜ!

私:いや、私の理想の女性を私が好きになるのか?ということなんですけど…

ポ:ずこー!えええ、理想の女性なんだから好きになる一択でしょー!

私:ええ…?そりゃ理想の女性ですから、好き?になるとは思いますけど、恋愛として好きとなるかはこの30年で今まで一度としてなかった現象だから甚だ疑問しかないです。

ポ:オッケーオッケー、上の小枝さんはその女性のことが大大大好き、フォーリンラブ♡なのよ。

私:ええー…それってどういう状態…?

ポ:それはもう、その女性のことを一日中考えていて、その女性が笑うと心臓がドキドキきゅん♡、彼女のためなら火の中、水の中、焼き土下座☆彼女と一緒に居ることが自分のすべてになっちゃうような状態?キャー、恥ずかしい☆

私:それは、病院に行った方が良さそうですね。

ポ:恋の病はお医者さんでも治せないぞ☆

私:もしくは警察ですね。ストーカー予備軍じゃないですか。

ポ:彼女は君に逮捕されたがっているぞ!バキュン☆

私:…というか、相手もそういう状態?若干怖いのですけど…

ポ:そんなこと言うお口はチェック!女の子の恋は素直に受け止めな☆

私:お前、本当に私が書いたキャラクターか?

ポ:それタブーだよー?あ、積極的にメタ発言しちゃう方向?良いね!サムライだね!

私:いや、意味が解らないし。私が普段考えないことを言うから…

ポ:上の小枝さんは実はポジティブだった!

私:それはない。

ポ:なかったー!ツイッター

私:はあ…それで?

ポ:それで?…ああ!そうだったそうだった、うっかり八兵衛してた!許して五右衛門☆

私:誰が五右衛門だ。

ポ:次元が良かった?

私:そういうことじゃない。

ポ:まあまあ、落ち着いて?三点倒立して聞いて?

私:三点倒立はしないぞ?

ポ:でねでね、まずは彼女にLINEを送るの。

私:唐突…いや、LINEって。連絡先を知っている前提なの?

ポ:もう、また話の腰を折って。ヘルニアになっちゃうよ!

私:あ、いや、ごめん…

ポ:許す!全おいらが許しちゃう☆

私:…あ、はい…

ポ:もちろん、連絡先は知っている前提よー?で、LINEで彼女とたわいのないやりとりをして。

私:会話が続くだろうか…?

ポ:続く続くー、線路は何処までも続くー☆で、で、彼女の予定をそれとなく聞き出しちゃうのよ!

私:そ、それとなく…

ポ:もちろん、彼女は全裸待機しているから、これこれこの日が空いてるって教えてくれちゃうのよ!

私:風邪を引くので服は着て欲しいですね。

ポ:比喩表現!文才が爆発しちゃった!テヘ☆それでそれで、上の小枝さんは勇気を振り絞って「私と遊園地に行きませんか?」と送る訳よ!

私:遊園地とはまたベタな…

ポ:え?バンジージャンプが良かった?

私:遊園地でお願いします。

ポ:イエッサー!もちろん彼女は2000%オッケーなんだけど、あんまりグイグイ行くと引かれちゃうから、ちょっと素っ気なく「別に良いですよ」とか!本当は嬉しいくせに!

私:…はあ…それで?

ポ:それで、デートの約束をして、その日は眠ろうとするけど、眠れない!お互い悶々としちゃう!可愛いー☆

私:何か、私はお前が怖くなってきたのだけど…

ポ:えー、なんでなんでー?ポジティブシンキングしようぜー?

私:そんな都合の良い展開が私にあると?いや、これも話の腰を折るのだけど…

ポ:分かっているじゃーん☆利口な子はおいら好きよ?

私:しかし、この話続くのか?ちょっと疲れたんだけど…

ポ:じゃあ、告白しちゃう☆上の小枝さんが「好きです!」と言って、彼女が「私も!」と言って、その場で熱く抱擁してキス!これで決まり!

私:端折り過ぎでは…?いや、と言うか、キス?

ポ:気持ちが通じ合っているんだから!ガッとやってしまいな!

私:いや、相手が嫌がるかもしれませんし、キスはちょっと早いような…

ポ:そんなん勢いで良いの!考え過ぎ!むしろ、お城にご招待しちゃえ!

私:えええ…何か色々と間違っている気がする…

ポ:間違い?いいえ、あなたと出会えたのは間違いじゃない!運命さー☆

私:いや、申し訳ないけど、その相手がいないんだって。

ポ:あれ?そうだったっけ?

私:何で忘れているの…お前の妄想だよ、全部。

ポ:でもでもー、本当に本当にあるかもー?しれないよー?

私:…今言った妄想が?

ポ:そそ☆全裸待機してくれる彼女さんができるかもしれないよー?

私:比喩表現じゃなかったのか。

ポ:直喩です。すべてを受け入れてくれる的な?

私:…うーん、信じられないな…

ポ:じゃあ、代わりにおいらが信じちゃう!上の小枝さんには素敵な女性とくっ付いて、キャッキャウフフな甘々なバカップルになっちゃう!

私:バカップルですか。

ポ:それで色々あるけど、最終的には幸せいっぱい夢いっぱいな毎日になーるーのーさー♪

私:具体性が何一つないな…まあ、お前が信じるなら、そうしてもらおうかな?

ポ:任されたー!化かされたー!ポンポコリーン☆

私:だから、意味が解らないって…

ポ:かーらーのー?

私:いや、何もない。「からの」じゃない。

ポ:もう!ツンデレなんだからー!

私:何処を見てそういう発想になった?

ポ:「お前が信じるなら、そうしてもらおうかな?」

私:うん、何か言い残すことは?

ポ:わー、怖ーい!怖いからおいらここらで退散しまーす。バイバーイ☆

私:………はい、書いてきましたけど。

  何だこれ?

  ポジティブが勝手に喋り始めた気がする…

  キャラクターに喋らすのは、何か劇薬だな…

  文字数も凄いことになっているし…

  もう少し書いてみますけど…いや、止めた方が良いのか?

  …まあ、ゆっくり考えます。

@私の記事は詰まらない、それで万事良し。

閑話休題

閑話休題

 

何か一言言われる度に凹む毎日です。

励まされては、できない自分と対峙して凹み。

叱られては、不愉快な思いをさせたことに凹み。

心配されては、不甲斐なくて情けなくて凹み。

呆れられては、身が縮むような怖さを感じながら凹み。

べっこべこに凹んだ私に気付いて、ちょっと可笑しくなって笑っちゃってから凹み。

今は、凹むことの無限ループに陥って、逆に凸になるのでは?と謎テンションに突入しています。

 

凹んでいても日は昇り、一日が始まります。

順調に自動車のガソリンが減り、このままだと移動さえ困難になりそうですけど。

現時点で1月中旬も終わる、なんて恐ろしいことになっています。

恐ろしいことになっているのに焦りだけは全くないので、図々しいのか脳内お花畑なのか、他の人に言わせればそんなことを言う私が怖いでしょうね。

桎梏されていく生活に世間様は指差して冷笑するでしょうね。

 

さて、ブログ運営についてちょっと考えてます。

最近は人をよく怒らせてしまう私ですが、直近で映像制作の依頼で怒らせてしまいました。

準備不足、説明下手、甘ちゃんな発言で甚くご立腹させてしまったようなのです。

その方を紹介された方も不愉快な思いをしたようで、胃が縮むような何とも言えない気持ちになりました。

私が悪いので、改善していきたいです。映像は私一人で作れないので。

取りあえず、簡潔に説明は心がけようとは今のところは考えてます。

 

それで、紹介された方のご指摘?なんでしょうけど、当ブログの記事について言及されまして。

映像を作る上である私の悪癖を説明するために用いた、と解釈しています。

いや、映像については私一人ではないので、自分にとって耳が痛いことや相容れない言葉でも受け入れるように努めようと考えてます。

ただ、当ブログについては、私の独り善がりの詰まらないブログであることを骨子にしているので、当ブログの記事についての言及に限ると別になります。

 

しかし、当ブログの運営についての姿勢について考えること自体は良いことでしょう。

今年は「忠言を聞く」と言う姿勢でいたいので無意味かもしれませんが、一先ず考えてみます。

 

まず、言われた内容をかい摘んで書きますと…

 

・記事の中で語られる私は、現実味がない「架空の存在」のようで、真実味に欠ける人物像である。

・真実味の欠ける人物像であるから、読者が増えないし、リアクションが殆どない。共感してくれる人も居ない。

・自分で「自分っぽい何者か」を演じている記事である。

・「自分っぽい何者か」で語られる記事であるから、何かをテーマにした記事を書いても上滑りしている。オチすら、空振りになる。

・最終的には、最初に掲げたテーマの回収すら至らずに終わる事が多い。

 

私が何処にも居ないことは最近発見したので、「架空の存在」であるのはそうなのかもしれません。

何処にも私が居ないので、私は「私のように振る舞う何者か」を演じている、と。

成る程、的を得ています。

この弁で行くと私が何を言っても「私のように振る舞う何者か」であり、「架空の存在」であるからすべて嘘になります。

何を言っても人の心を動かすことはなく、何の生産性もありません。確かにその通りです。

いや、詰まらないブログとしては、正しいことのような気もします。

同時に、周りにとっては嘘で聞く価値のないブログであっても私にとっては現実であり真実です。

「架空の存在」である私が私の現実なので、如何ともし難いのが率直な心境です。

 

この忠言を聞こうと努めると…どういうことだろう?

「在るなら在るで良いけれど、無いなら無いで構わない」思想を抜きにすると「映像で伝えるのに「架空の存在」では嘘でしかなく、何も伝えられない」と言うことです。

映像のキャラクターと考えるならば、キャラクターに「何もない」とどう作るか分からくなりそうですし、キャラクター像については別の方にも言及されているので、キャラクター像の修正については考えます。

これが当ブログと関係があるのでしょうか?あると考えたから言われた訳だけども。

 

そも、当ブログの記事は共感されたいのか?

何か人の心を動かしたいのか?

否、断じて否。共感されたい訳ではありませんし、人の心を動かしたい訳ではありません。

 

なら、何故記事を書くのか?

私のため、自己満足のために書いています。

私を規定するのに必要な「私のように振る舞う何者か」であり、「架空の人物」です。

私にとっての現実と真実を書くために書いています。

 

…しかし、忠言として考えるならば、それらしい「人物」を出した方が良いか?

そうすると当ブログ内でキャラクターを作った方が早いですね。

私とは別に正反対な人物像…「ポジティブ」なキャラクター??

こう、「私のように振る舞う何者か」と「ポジティブ」が会話するようにすれば…ネタにはなるかな?

これは改善なのだろうか?根本は何も変えてないしな…

 

こういった毒にも薬にもならない結論がもやっとするのかもしれませんけど。

あえて、言い切る。

 

私の記事は詰まらない、それで万事良し。

 

ネタが出たので、何回かは試しに書いてみます。

お題は…スロットで「恋バナ」とかあるからそれで←

 

相も変わらず空振っています。

私の嘘は聞き流して頂ければ。

『無題』

詩を書きます。

詩を書きます。

前回のナナシエイトで披露した詩?

いや、やってみたかったことでウケは良く分からないですけど。

実験なのかな?次回に繋がれば良いかな?

 

『無題』

 

「よっ」

「よう」

「どうよ」

「まあ」

「どうよ?」

「まあ」

 

「で?」

「ん?」

「どこ?」

「んー、あっち」

「あっち?」

「そ」

「…はぁ」

「んー?」

「あっち…」

「おー!」

「え?」

「おー!!」

「…おー」

「うんうん」

「では!」

「あー、はい」

「いきましょ!」

「いきましょ」

 

「おお」

「おお…」

「あっ」

「あ?」

「おおっ!」

「…ええー」

「なに?」

「いえ」

「なぁに?」

「いいえ」

「お?」

「うん?」

「あれ!」

「…どれ?」

「あれ!」

「あー、あれ?」

「そ」

「うーん…」

「あーー!」

「なに?!」

「これっ!これっ!!」

「……あー」

「んー…どっち?」

「あー…そっち?」

「こっち?」

「ああ」

「どうよ!」

「あー、はい」

「つぎいこ!」

「つぎね」

 

「はー…」

「あー…」

「ん」

「どうも」

「はー…」

「はー…」

 

「あー…」

「ん?」

「ん」

「うん?」

「ん」

「…え」

「ん」

「………どう?」

「…あー、はい」

「…では」

「じゃあ」

「じゃあ」

 

「ねぇ!」

「あ?」

「ありがとう」