ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

161

出し抜きたまごが食べたい。

鼻をかすめる油揚げの匂いに、腹の虫が喚き騒ぐ。

腹の虫が騒ぐせいで、脳の中で「何を食べたいか会議」が始まる。

その一番目に、あのふわっとした食感が候補に上がった。

とかく、何か、食べたい。

 

「出し抜きたまご」とは、何だ?

出しを抜いたら、パサパサにならないか?

それとも、鰹や昆布の出しをこっそり入れて、他のたまご料理を出し抜くことか?

いや、違う、そういうことじゃない。

 

あの、たまごの、巻いた食べ物。

「出し「何とか」たまご」の、あの食べ物だ。

名前が出て来ない、「出し」の次は、何だったか?

 

出し…出し…出しだしたまご?

いや、何の郷土料理だ、聞いたこともないぞ。

それとも若者言葉の類いか?「~だし」の語尾に付ける感覚か?

「出しだしたまご、マジヤバい」、「それな」、と会話がそこかしこの大学構内で…

いや、どれだよ?どこにもないよ、出しだしたまごなんて。

 

そも、「出し「何とか」たまご」の「何とか」の部分はいらなかったか?

出したまご。

やはり、違う。

もしあったとしても、たまご料理に違いないけど、作り方がきっと違う。

見た目が、多分、汁物。

私が食べたいのは、ふわっとした方だ。

 

いや、丁寧に言えば、ふわっとするか?

お出したまご。

違う。

さっきの汁物が上品な感じになっただけだ。

丁寧に言えば良いってもんじゃない、アホか、私。

でも、ふんわりとした味わいの汁物も、温まって良い。

 

お出し。

たまご、何処行った?

お出し、美味いけど。

もう、お出しで良い気がして来たけど。

 

お弟子。

語感が似てるな、と。

私が師匠?怠け術なら存分に教えるけど?

…いや、もう言葉遊びになっちゃっているな。

初心に帰ろう、そうしよう。

 

私は、ふわっとしたたまご料理が食べたい訳だ。

その名前が出て来ない。

なら、Google先生に聞けば良いではないか。

適当な言葉を検索窓に入れて、画像を探す。

………

あった。

 

「だし巻き玉子」

 

そう、これ!私はだし巻き玉子が食べたい。

はあ、スッキリしたら、腹の虫が早くしろと急き立て始めた。

仕事が終わったら、玉子でも買おうか、検討してみることにして、腹の虫をなだめるために、缶コーヒーでご機嫌を窺う。

 

所で、どなたか、出し抜きたまごを作ってはくれないだろうか?

と、ちょっとした戯言をぽつりと残す。

 

投稿します。

160

慌てない、慌てない、一休み一休み。

と、アニメの一休さんの有り難いお言葉が脳裏に甦ったので、一休みした。

そして、毎度お馴染みの時間になった。

 

学習しないことで定評のある私。

いや、まだ時間はあるか。

青い暗闇の中で、夕飯を考える。

 

慌てない、というのは危機感が足りないから。

外敵に喉元噛みつかれて風前の灯火になるような事態は、それほどない。

と、草影から息を殺して近付く肉食動物に気付かずに呑気に水を飲んでいる草食動物のような私。

想像力が足りない、妄想力はあるのに。

 

自動車の運転免許も、28歳まで取得しようとしなかった。

取得した理由は、なければ、死ぬから。

田舎あるあるに、いつの間にか追い詰められていた。

 

こうして、追い詰められないと、行動に起こせない。

切迫感が涌き出てこない。

「あー、まずいなー」と考えてからも、長い。

 

今日も朝は出かけよう、出かけようとゴロゴロし。

昼は昼で、出かけよう出かけようとゴロゴロし。

夕方になって、もうこんな時間だから良いや、と諦める。

 

諦めることに慣れ過ぎたからか、ゆったり構えてしまう。

楽な方へ、楽な方へと流されて、空っぽな夜に落ちる快適さ。

堕落しているから、僅かでも行動に起こそうとすると、怠さを引きずりながらとなる。

街灯の灯りでさえ、私には眩しくて敵わない。

 

怠け者を自称して、何年になるか?

確か、初めてmixiをした頃には、怠け者を自称していたように記憶している。

mixiを開始したのは、確か、2009年?

今は2017年だから、およそ8年?

それ以前から、考えていたとしても、私が怠け者と自覚して、規範にして、8年。

 

8年か、それなりに年季が入っている。

最近は、「私」を追求する求道者を自称し始めてるが、こちらは未だ1年も経ってない。

怠け者先輩の先輩風に求道者後輩はイエスマンと化しているのか?

後年、求道者後輩が出世して、立場が逆転することはあるのだろうか?

ぼんやり、自分の内面の変化の無さに、薄くため息を吐く。

 

慌てない、慌てない、一休み一休み。

嘆くには早い、多分。

 

投稿します。

159

ひんやりとした部屋の中、軽く咳をする。

まだ風邪は居残っているご様子だが、その他の器官の異常はない。

ほぼ治った、と言って良いだろう。

 

日光東照宮観光で、小雨振る中、傘を差さずに歩いたのがいけなかったのかもしれない。

絹糸よりも細やかな雨に、境内は少し暗く、神おわす気振りをより深めていて。

神聖さ3割り増しでテンションMAXの私は、半日を使って、幻想の世界に浸っていた。

 

その時は、その時のテンションに任せていたが、帰宅して、仕事に向かう途中から、具合が悪くなり。

あれよあれよと言う間に風邪っ引きに。

寒い季節になってきたのだから、気を付けないといけない、とまた咳をしながら考える。

 

さて、3連休明けの日と、風邪を引いて療養していた日の、計3記事の短文記事を書き直し作業がある。

770文字を3回、2310文字以上をひいこら言いながら書く。

私が真面目に書いた時の1記事分の分量に…

 

書き直しても、誰も読まない。

タイトルが数字だから、検索でお目当ての記事にはならない。

当ブログで「あの記事は何処だっけ?」と探すにも、やはり数字だから、書いている私でさえ見失う。

その上、書かれている内容が、これまた何の益にもならないことばかり。

投稿した日なら読まれても、投稿し終えた後の書き直しなど、誰も読まない。

 

誰も読まないのに、書き直す意味は?

それは、私のため、なのだが、自信がない。

というのも、いつもいつも私は、自分で決めた約束事を破ってきたので、約束を守った先が想像できない。

 

頑張らない人間の醜悪な末路、30歳になって未だ精神が幼い私。

それでも、私には珍しく、ブログは継続できている。

いつもの私なら、何処かで放置して、何ヶ月後に何食わぬ顔で記事を書くのだ。

ある意味、ブログを書くことに縋っている。

 

気色悪い、と俯瞰して見ている私は言う。

しかし、手放すつもりもない。

いや、手放してしまったら、また後ろから「ほら、また破った」と嘲笑う私がいるのが恐ろしいのだ。

 

背伸びしようと決めた、770文字。

その770文字を書くのを途絶えて、後ろ指を指す、私の影。

何か憤然やる方なしで、どうにも座り心地が悪い。

 

自分との約束を守った先など、本当は知らなくても良い。

ただ、そうした「当たり前」の行いをして普通な人になりたい私は、私には、必要な責だ。

背負わなくて良い、なんて言えるのは、第三者で、私が私の影に言う台詞ではない。

 

取りあえず、この記事を書いて、そろそろと付け加えるか、書き直す。

 

投稿します。

158

回復の兆し。

明日は通常通りに。

ただ、溜まった短文のリライトが…

…よそう、明日の私がどうにかしてくれる。

 

(2017年10月22日)

トタン屋根を叩き付ける雨の音を聞きながら、付け加え。

とは言え、この記事が読まれることはないだろう。

雨雫の一滴がまたこの家の瓦に落ちてくることがないように。

とても当たり前の事で、とても小さいこと。

 

さて、のんびり付け加えようか。

取りあえず、770文字を稼げれば良いのだから、難しく考える必要はない。

そうだな、一人しりとりでもしてみよう。

気が向けば、ずんずん増やすこともできるし、のんびりやるには良いかもしれない。

 

では、定番の「しりとり」から。

ルールは、適当。

 

しりとり。

りんご。

ゴリラ。

ラッパ。

パセリ。

リトマス試験紙

醤油。

湯たんぽ。 

ポトフ。

フッ素。

蕎麦。

バチカン市国

クマゼミ

ミンミンゼミ。

弥勒菩薩

罪と罰

積木くずし

社畜

屈服。

屈折。

鶴の恩返し。

四角四角。

口紅。

新渡戸稲造

ウサギ。

偽造。

うすのろ。

ろくでなし。

失敗。

命知らず。

ズッキーニ。

にきび。

ビキニ。

二番煎じ。

自動販売機。

希望。

うろ覚え。

エビ。

美人薄命。

いびき。

脚立。

通称。

うがい。

意地っ張り。

リス。

スズメ。

メダカ。

かぼちゃ。

ちゃんちゃんこ

コバンザメ。

メスシリンダー

欠伸。

屏風。

ブドウ。

ういろう。

閏年

シーザーサラダ。

堕落。

曲者。

除け者。

ノアの方舟

ネットワークビジネス

相撲。

独活の大木。

臭い物には蓋。

タヌキ。

キツネ。

ネコ。

コバルトブルー。

ウッドデッキ。

吉日。

剣の舞。

イノセント。

東京喰種。

ルビー。

居合い抜き。

きらきら星。

尺八。

ちり紙。

ミートボール。

流浪。

乳母車。

まな板。

沢庵宗彭

梅。

メンソール。

ルーペ。

ペンライト。

トマト。

 

投稿します。

157

病状悪化?

身体、重い。

短文投稿を決意。

 

しばらくは、まともに書けそうにない。

…健康、大事。

 

投稿します。