読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

政治の話はライトに話して良い。

〇〇を取っ掛かりに考えます。

懐中電灯を取っ掛かりに考えます。

 

夜、停電になるとまず探すだろう懐中電灯。

暗闇の中、手を左右に振りながら探すのは滑稽?いや、こっちは真剣です。

 

懐中電灯は皆さん何処に置いてます?

私の借家には廊下に玄関に台所と結構あります。

貸出し主さんの置いていった物の一つで、これで急な停電も安心です。

まあ、普段はスマートフォンのライトアプリで使っていないんですけどね。

 

ライトってRight(右)とLight(光)の違いがありますよね。

この場合はLightですけど、ぶっちゃけ日本人的にはRとLの違いなど解らないぜ!

もう、ライトのライトって言っても何となく伝わるし。

 

あ、ライト繋がりで閃く!

あえて、言い切る。

 

政治の話はライトに話して良い。

 

何時になく強引!でもやっちゃう!

 

以前、衆議院議員総選挙があったときのこと。

事務のSさんと世間話をしていて。

私はふと話題にしたんですよ。

 

私「そう言えば、もうすぐ選挙ですね」

Sさん「え?選挙があるの?」

私「え?ニュースでやってますよ」

Sさん「私、全然興味なくて。旦那がちらっと見るくらいで」

私「いやいや、選挙には行きますよね?」

Sさん「へぇ、政治に関心あるなんて真面目だね」

 

ただ、私は世間話のつもりで話をしただけなのに。

政策がどうだとか、そんな小難しいことじゃなくて。

選挙の話をしただけで、Sさんは本当にキョトンとしていてがく然としました。

 

私は選挙は皆、普通に行くものだと考えてましたが、勘違いだと思い知らされた一件でした。

政治の話題はタブー視されてますが、要は聞いていて楽しくないからだと。

日本の未来がー、税金がー、なんて気分が滅入るのでしょう。

 

でも、TPPだとか、安全保障関連法案だとか、生活に影響のあることなのだから、ちょっと調べるくらいのことは必要だと感じるんですよ。

生活に影響するのに誰が当選しても同じだし?は思考が停止と言わなければならず。

せめて、この人にならお願いできるな、というのは話をして良いような…

 

だからと言って、ヘビーな話をしたい訳じゃないんですよ。

私なんて所得税やら住民税やらの政策の話を振られても唸るだけの生き物に成り果てるでしょうし。

TPPだって、何か農業がヤバいじゃん?くらいの認識だし。

安全保障関連法案は他の人に言わせれば「戦争法案」の方がイメージあるでしょうし。

がっつり専門的なことは専門家、つまり政治家に任せれば良いのです。

 

でも、全くしないのは変だし。

故にもっとライトに話せる土壌はあると良いな、と。

そう言った意味では子どもの頃から、政治の話はした方が良いんですよね。

 

いや、政治の話というか、生活の話?

こうだったら良いのにな、だとか。

こういうのが不便だな、だとか。

そこにウェットの富んだ内容が入れば…あ、私にはそんな話術も知識もないけど。

でも、それくらいのライトさで政治の話ができれば日本はより良くなる、かな?

 

タブーにして遠ざけたって、切り離されることはないのにね?

まあ、日本の未来は真っ暗だからこそ、Lightな話題でLightにしよう!的な?

RightとかLeftとか関係なしにね?

 

それでは皆さん、Have a good night!