読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

@「閑話休題」の在り方?的な話です。

閑話休題

閑話休題その10。

多分節目になるかな?

 

気付いたら60記事も書いていた。

1日約2記事ペース。計算上残り20日で100記事到達。

つまり、来月の早くて上旬には達成。

…ん?多いのか?そんな大したこと書いてないけど。

 むしろ、この無秩序な内容で良いのか?

 

有難いことに読者の方が14人います。

これについては多いですね、感覚的に。

え、だってまだ始めて一月強ですよ?それなのに14人もいるんですよ?

むしろ、申し訳ない気持ちで一杯ですよ?

 

アクセス合計が500を越えました。

1日大体20アクセス、これも計算上25日経過で1000アクセスに。

むしろ、平均して20とか心臓に悪い…

いや、有難いですけど!

良いのかな?良く解らない…

 

でも、アクセスって面白いですね。

0時に更新して翌日の23時に更新したとしますよね?

時間で言ったら47時間、ほぼ丸二日空いたことになるんですけど。

継続日数で言えば途切れていないんですよ。

でも、アクセス数はガクンと落ちるんです。

ちょっとづつ微増していたのに、急に減る。

やっぱ決まった時間に投稿するのが一番良いのでしょうね。

まあ、無理でしょうけど。私の気持ち的な問題で。

 

さて、本題というか。

閑話休題」の在り方?的な話です。

「〇〇を取っ掛かりに考えます。」は私の思考とかをくっちゃべって。

「詩を書きます。」は合間合間の隙間を埋める役割を持たせて。

それで、「閑話休題」ではブログ論?なんでしょうか?書いてますけど。

こう…「閑話休題」がイマイチな感じが私の中にあって。

 

野球で例えるなら…

先発の「〇〇を取っ掛かりに考えます。」に中継ぎの「詩を書きます。」があって。後は抑えが欲しいけど、「閑話休題」で良いのか?ちょっと不安だぞ?

みたいな。

サッカーで例えるなら…

FWの「〇〇を取っ掛かりに考えます。」とDFの「詩を書きます。」で攻守は形になった。後はMFに「閑話休題」を据えたいけど、試合をコントロール出来るか?

みたいな。

 

何が今一つって、「〇〇を取っ掛かりに考えます。」と被る気がするんですよね。

いや、主にブログ運営について書いてますから雑多な「〇〇を取っ掛かりに考えます。」とは線が引かれているとは何となしに考えてますけど。

だからと言って、隙間を埋めるってなるとそれは「詩を書きます。」が担ってますし。

個性?特性?何でも良いですけど、違い的なのが欲しいなって…

 

で、《ブログチャレンジ》に「気に入ったブログの記事を引用して投稿する」とか「気になる誰かのブログに言及する」とかがありまして。

閑話休題」はブログについて色々と宣っているので、そうだ誰かのブログについて書こう!と考えた訳です。

 

さて、問題はその「誰か」ですが…まず許可的なものが欲しいですね…

何せ、私はネガティブ方向にポジティブな人間。書かれるブログは贔屓目に見ても地獄に道連れに…!

いや、誉める?というか率直な感想?を書こうと考えてますけど…どうなんだろう?やっぱ嫌??

…考えても仕方が無いので、一先ず、連絡を…あ、どう連絡すれば良いんだ?

Twitterはてなブログにメール機能ってあったっけ?…やべー、解らないぞ…

 

…取りあえず、記念すべき生け贄をまずは探します。はい。