読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『世界の終わりの前日』

詩を書きます。

詩を書きます。

 

『世界の終わりの前日』

 

夕方のニュース、世界が終わることを知った。

通りで欠勤退職する人が多いのか。

白米を一人でよそう。

 

早朝の目覚まし、世界が終わる前に会社を休んだ。

電話の向こうの上司はただ一言「分かった」とだけ言った。

マーガリンをスプーンで塗る。

 

午前の繁華街、世界の終わりのような静けさの中を散策した。

花屋に白髪の女性が「全部タダなんですよ」と朗らかに言った。

ありったけの花をリヤカーで運ぶ。

 

正午の公園、世界の終わりかと一人ごちながらベンチで昼食にした。

遠くの木に人がぶら下がっていて、風に吹かれる度に揺らめいている。

視線を外して見なかったことにする。

 

午後のデパート、世界の終わりなど忘れたようにショッピングをした。

どの店もガラスが割れていて、半年前くらいに暴動があったなと思い出す。

1万円をレジに置いて適当に持ち帰る。

 

深夜のリビング、世界の終わりをイメージして模様替えした部屋で積み本を読んだ。

そこかしこに花を生け、ロウソクを灯し、クラシックを流して寛ぐ。

日本酒をグラスであおる。

 

日を跨いだ寝室、世界の終わりの音が聞こえる。

けたたましくも悲しいラッパの音、おぞましくも厳かな木魚の音。

新たな世界の始まりを予感して目をつぶる。

 

昨日は久方ぶりに楽しかった。

今日は世界が終わる。

明日は何を想えば良いだろうか。

 

私は眠る。世界の終わりの最中に。