読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

『言い換えた先にある詩』

詩を書きます。

詩を書きます。

言葉の寄せ集め、シュルレアリズムのようなモノ。

…まあ、特に意味はないです。

 

『言い換えた先にある詩』

 

シンデレラを連れて来よう
瑞々しい麦の穂を添えて
幼い弟は姉の愛を信じている
雷が嘶き雫が大地に染み渡る
______________________________________
 
遍く国民と独りの姫様、どちらを選択する?
厳しい言葉に隠す凛とした少女の優しさ
胡桃が落ちた秋の落とし穴
風が吹き抜け山が紅く深く染め渡る
______________________________________
 
十年一昔、若い妃が夜の道をそぞろ歩く
放課後は一日千秋の半分
十四歳に満たない子ども達は嘘を覚えた
雪女のぺいぺいが初々しく冬を告げてく、あの頃の本当は?
______________________________________
 
春の音色を奏でるために自分を責め、さいなむほど突き詰めて
君が僕に微笑んだのは五回目
千の川の砂の粒を一つの袋に詰めて
一処に居られない流転人は可哀想だと言いながら
______________________________________
 
たっぷりと時間をかけて育てた夏ミカン
泡だらけの浴室、巨躯を叱ること小一時間
畏敬ある神が力ある妖艶さをテレビに映す
罪を犯したのに恥じないのは銀の屏で塞き止めているから?
______________________________________
 
天変地異が起きる度にデータを収集し開発する発明者の日記
遥か未来の放課後で倶楽部は半減し、ずる休みをする人が倍増する
夜に響く、働くロボットを延々と生産する工場の音
農夫は背を反らして退屈し、精密機械は雪駄を履いて麦の種を蒔く
______________________________________
 
必ずカメラ目線の美麗の神
姉が泣いても選択することを辞めたりはしない
事件の裏に魔法の学園、命を献ずる少女と姫を育成する少年の計画が始まる
学園の悪は芸術か?雌の豚との境界線は不確かだろう?
______________________________________
 
馬鹿は厳しい社会に放り込まれても治らない
花粉と優しい香りに注意報が鳴り響く
二本のアホ毛が昆虫の触覚のようなハンター
「《痒み》をXの三乗をしろ」との芳命、 処方薬は三つのXで完全だ
______________________________________
 
愛情のない指を四つ折る
機械弄りが巧みな小性は馬小屋がある雑木林の名を日々夢想する
恋する姫は制服を引き裂き宣戦布告をする
アイスクリームを食べながらの御伽話
______________________________________
 
監獄は眠る夢さえ喧しい
月曜日から日曜日を六つに別けて
それでもまだ喧しいから全てを遮る銀の屏が欲しい
鍵番の子はコスプレをして小遣い稼ぎ、密かにエクスタシーを感じながら
______________________________________
 
もう一人の君、少女の母の話
戦艦に乗った娘が子どもを宿して帰って来た、碌でなしと寄り添いながら
家族に隠れて悪さをする女達は母親でもある
祖父は悲しみ祖母は諦める、絶望が田舎のリンゴを美味しくする
______________________________________
 
賢く丈夫であるが人の心を蹂躙する衝動がある
幸せも吐息で地下室へ逃げる
此畜生なメスイヌ
我侭な悪女は神殺しの書を探しに姿を眩ます
______________________________________
 
脇役の巫女が催す宴
生徒会長は幼馴染のペットを二匹
シンデレラは有頂天
デジタルデータのニシマガレイを軽く叩く
______________________________________
 
隔離したオーディション
使命一つ胸におさめて
一気圧下がり、少女は仄かに瀬戸際を知る
マホウノジュモン、ショウジョノケツイ
______________________________________
 
姉が近所の宿の再建に奮闘し始める
昔を思い出す、四回失敗した喪失の儀式
ヒューマニズム自己実現論を引っ提げて華麗に地獄へ
ちらちらと乱れる葛の草、鬼の軍団、巨人の女子と取り立てて値打ちのない男子の冒険______________________________________
 
洗脳し調教するパペット
鹿の肉を神に捧げて信仰する
白く濁った水を掛け合いする稽古
牛乳を嫌いな奴に打ちまけて戦う姫
______________________________________
 
最近の女の子の遊戯は病原体を持った蠅のカタログ制作
がさがさした手が妙に魅力的だ
姫は身体一つで恋の成就を叶えようとする
昼も夜もなく仕事に負われ、それでも姉は愉悦に浸る
______________________________________
 
にこにこした五人のいたずら好きの妖精達
働き者は薔薇を火に焼べる
乙女の船旅も大半の約束を果たした
物好きの不運も風流のうち
______________________________________
 
とある悦楽の遠隔操作
成績優秀な下僕を集めて、特別手当の権利を賞としたゲームを開催
捕らわれて放置された戦死者の中から英雄を選び妃の元へ
一番輝く星を掴む夢を語ろう
______________________________________
 
忍びの門、鎖の脚立、悪党の頭の書物
足下浮かれて受難劇
粋事を足した大人の脚本、姫の秘密が遠くに感じてしまう、今も変わらずに
虚無と心象と恩愛で包んで甘く優しい音楽に仕立てられて
______________________________________
 
あの時の夏ミカンの木が見つからない
約三百体の動物をモチーフにした目的不明の怪しい石像の前で
余すところなく全ての人の平和の小片を一揃え
聖女の様式は追い込み過ぎる、だから終わりにしよう
______________________________________
 
分けられる責任の重量、今少女と少年は扉の前へ
美味しいミルクコーヒー、苦みも甘みも一緒くたに
催眠状態の姫と血に飢えたハンターと悪女と呼ばれる妃
儀式の方位基線は狂気を帯びている、これはもう非難されてしかるべき犯罪だ
______________________________________
 
透明な試合の組み合わせ
帰り路は自由なファンタジー
「純真の権化」それは誰のことを言う?
妃の騎士団は賑やかな市場の影に隠れる
______________________________________
 
転がり続けた乙女達
ぼろぼろになった乙女達の涙を少年は拭っていく
乙女心は海の如し、一級航戦は海の子とし
さあシンデレラを連れて来よう、太陽とサンドイッチが待っている