ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

141

今日は休日だ。

宣言通り、寝ている。

 

もうすぐ今日が昨日になる。

そして、明日が今日になる。

 

だから、何だって言われれば、何だろうか?

何だと思います?と逆に聞きたい。

 

継続するために投稿する。

更新するために投稿する。

 

太陽が東から上がり。

太陽が西へと下る。

 

これら営みが地続き、途切れずにあるのは感覚として分かる。

 

太陽が東から上らず、真っ暗闇の日はない。

また、太陽が西へと下らず、ずっと光の明るさに照らされることはない。

 

いや、白夜があったか。

自分の常識で世界の尺度を決めてしまってはいけないな。

 

感覚がいつも正しいとは限らない。

地続きの営みが途切れることも、あり得るのだ。

 

おや、こう書くと、投稿しないことへの言い訳に聞こえる。

「途切れることが、世界の尺度ではないのだから、私が投稿しなくても良い」と開き直っているような。

 

そういう訳ではないが、そういう風に捉えられても文句は言えないか?

私はただ、時間は地続きなのに、時計という時間を固定する装置が、「昨日」を「今日」へ、「明日」を「今日」に分断することの不思議を言いたかったのだが。

「昨日」と「今日」と「明日」という、時間を切り分けているのは、人間だけではないだろうか、と時計の針が動くのを見て考えたのだ。

 

だから、何だって言われれば、何だろうか?

何だと考えますか?と逆に聞きたい。

 

多分、まだ寝足りないのだろう。

脳のコンベアに運ばれてくる言葉が雑だ。

 

いや、言葉が雑なのは今だけではないか。

理屈ばかりこねる藁頭であることをつい忘れてしまう。

 

頭が良いように見せたいのだろうか?

そんなことは…ああ、また、雑になっていく。

 

今日が終わる。

今日は休日だ。

たったそれだけのこと。

 

何だって良い、私の中では。

雑な部分は、他所に丸投げだ。

と、頭の悪いことを決める。

 

取り敢えず、まだ、継続する。

 

投稿します。

広告を非表示にする