ネガティブ方向にポジティブ!

このブログは詰まらないことを延々と書いているブログです。

「私」の境目は、「私」を見付けた瞬間だ。

「私」の境目を取っ掛かりに考えます。 眠い眠いとうわ言しか言わない、野晒しで朽ち果てた新聞紙のような私。 今日も今日とて、眠い眠いと独り言。 最近は、本当にそれしか言わないから、記事も眠くなるような詰まらない記事ばかり。 当ブログにとっては、…

137

三重県から生還、無事に帰宅する。 色々とあった2連休だった… さて、消えた記事を思い出そうとパソコンを立ち上げる。 ふと、カテゴリーを見ると「意味のない数字」が137記事を投稿していることになっていた。 はて?私がパソコンを立ち上げる前に、最後に投…

136

投稿した記事が消えた。 文字数は数えていないが、5000文字はあるはずだ。 なのに、反映されていない。 いや、一度表示したが、電源を立ち上げたら、消えていたのだ。 下書き一覧にもない、狐に化かされたように、跡形もない。 今、私は三重県にいる。 投稿…

@《小さな大学生》みずみずしいな、と目を細めながら。

9月20日、良く晴れた水曜日。 青々としていた稲は、黄金色の稲穂に成長し、刈り取られて干されている。 じっとしていると、虫の鳴き声が聞こえてくる。 秋の到来を感じる今日、ブログ紹介を書く。 前回が51人目でしたので、今回は61番目の方にしようと何とな…

135

今日は駄目な日だ。 腕が鉛でも仕込んであるかのように重い。 調子が良い日と調子が悪い日が交互にあるような気がする。 幸か不幸か、9月20日は休みだから、調子が悪かろうと何とかなりそうな気がする。 付け加える内容も、調子が良い日と調子が悪い日につい…

思考実験「ヒトの言葉を喋る猿」

身体から自然と発せられる熱で寝付けない。 暑いなとゴロゴロしていて、ふと急に、7月のナナシの0のことを思い出した。 uenokoeda.hatenablog.com あの日に比べれば、それほどでもないな、と天井を見つめる。 ナナシノ0では、確か私が普段考えていることをま…

134

目覚ましアラームを止めてみた。 目覚ましアラームで起きても、眠いのがどうにもならないから。 遅刻するのは良くない、と考える。 だから、目覚ましアラームを出かける時間の1時間半前、1時間前、30分前の3回、鳴るようにしている。 しかし、起きても最近は…

@読者登録しているブログを整理する。

閑話休題。 読者登録しているブログを整理する。 何を突然、酔狂なことを驚かれた方もいるかもしれない。 直言したい方もいるかもしれないが、まずは私の言い分を聞いて欲しい。 はてなブログの読者、気に入ったブログを定期的に読んでくれる人。 多少なりと…

133

昨日、13時くらいに近場の銭湯に行って。 ゆっくり浸かって15時くらいに戻る。 だらだらと付け加えの記事を作り。 紹介記事の了承を求めて。 18時くらいに一眠り。 翌日、つまり今日の7時にJアラートで起きて。 どうやら、また北朝鮮がミサイルを打ったらし…

132

Kさんが仕事を辞めた。 辞めないで欲しかった。 人手不足になって大変だから。 しかし、仕方ない。 KさんにはKさんの事情があるのだから。 どういった事情かは、若干気になるが。 さて、本日は休みだ。 しっかり休んで、明日に備えたい。 それはそれとして、…

131

仕事中、黙々と油揚げを拾っていたら、機械操作を担当するオペレーターの方が話しかけて来た。 「Kさんってきざみラインの人だよね?」 私の通う工場では、A、B、C、Dの油揚げの製造をするラインがある。 奥の方で、豆乳を作って、油揚げの生地を揚げて、冷…

130

結句、遠出しなかった、3連休。 休みの大半は、布団の上。 万年床に、敬意を。 はてさて、思考の方向性は只今進行中。 この「意味のない数字」の行く末は、まだまだ定まらず。 こうご期待と、謎に自分を煽っておく。 …付け足す方向で思考中。 あと数分を惜し…

何を「大事」にするかは、「遺伝子」と「環境」が要因になる。

着目を取っ掛かりに考えます。 3連休を一心不乱にダラダラと過ごした。 寝て起きて、漫画を読んで、寝て起きる生活。 ご飯食べて、寝るだけの生活がきっと理想。 50歳までには、2000万くらい貯金を貯めて、リタイヤしたい。 欠伸して噛み締める、幸せ。 そん…

129

遠出しようかどうかで悩んで。 色々と支度しようと、ちらと目に入る、大人買いした漫画。 まとまった時間があるから、ちょっと読もうと手に取り。 読み耽り、読み続けて、黙々と。 読み始める前に、時間を確認。 2時、まだ外が暗い、3時になったら出かけよう…

128

夜勤明け後の10時に意識をシャットダウンして、うつらうつらと目を開けたら16時。 色々とやろうと考えていたけど、ここまで来たらもうちょい寝ようと決意。 22時頃、寝ぼけたまま起床。 何にもやる気がしないな、とごろごろする。 ふと、まだ記事を書いてい…

各個人が何に「着目」するのかが、「思考の方向性」を定める。

思考の方向性を取っ掛かりに考えます。 さて、昨日の「127」を付け足して。 何を考えるかのテーマを設けてみよう、と何となく考え。 取りあえず、「思考の方向性」をテーマに色々と書いてみようと。 何故、「思考の方向性」なのか?と言えば、「思考の方向性…

127

布団からこんにちは。 眠気MAX、上の小枝です。 770文字、早速頓挫しそう… 最近、張り切って書いて、寝る時間削り過ぎた… 背伸びする!とは一体何なのか? いいや、「できれば」と書いたのだ、気にしない、ようにする。 後で付け足す…のが最善か? しかし、…

久方ぶりに予定がある、そんな私の今回の休日は。

9月5日の休日を取っ掛かりに考えます。 両親が3日間の旅行に出かけた。 何かと文句の多い父とそれに辟易している母であるが、何故か1年に数回は一緒に旅行する。 普段の二人のやりとりを見ている私としては、「両親が旅行に出かけた」というのは、違和感があ…

『ひとり自由俳句その6』

4月から6月までの期間で、Twitterで私が呟いた自由俳句を転載。 「意味のない数字」でめっきりTwitterで呟かなくなって、数が少ないのは、ご愛嬌? 『ひとり自由俳句その6』 子どもらの、散った庭先、バトの羽。 ちまちまと、終わり夢見て、一編みす。 愚者…

@徒然と1周年。

2016年9月3日は、ブログに初投稿した日。 2016年9月3日は、「ネガティブ方向にポジティブ!」運営を始めた日。 そして、今日は2017年9月4日、1周年を通り過ぎていた。 今日が3日だと考えていたが、カレンダーを見ると、4日だ。 不思議だ、3日には1周年を密か…

126

あ、今日は駄目だ。 まるでガチガチに閉まったイチゴジャムの瓶の蓋のように、びくともしない。 横たえたまま、何者かに急かされている、気持ちがびくともしないのに。 明るい気持ちになるように、駄洒落でも。 布団が吹っ飛んだ、万有引力に逆らって。 駄洒…

125

昨日の昼、近くのホームセンターで買い物しに行くと、蝉が未だ鳴いていた。 9月だというのに、盛大にミンミンと鳴いていた。 名残惜しそうに聞こえるのは、朝方の冷えた空気に触れたからだろう。 さて、いつものようにノープランで書いている。 計画性など私…

124

朝8時、私は実家に居た。 母と父と私はゆったりと朝食を摂っていた。 常時着けっ放しのテレビから、福山雅治さんが出て来た。 相変わらず、イケメンだな、とカップラーメンをすする私。 福山さんは軽快にMCとトークをしていて、イケメンだった。 そんなイケ…

@「意味のない数字」のカテゴリーから一行拝借してみた。

閑話休題。 「意味のない数字」が100記事以上になり、ふと思い付く。 各記事から一行づつコピーして、一つの記事にまとめられないだろうか? 読んでみた時に、私という人間像が浮かび上がる…かもしれない。 次いでに、各記事への興味になるかもしれない。 数…

123

寝た。 大いに寝た。 寝倒した。 昨日の20時から、今日の17時まで。 21時間、布団の上。 眠りの浅い私は、何回か時計を見た記憶があるが、すぐさま目を閉じたので何時に起きたかは覚えていない。 水を飲みにも、食べることも、トイレさえ行かず、寝た。 その…

122

いつもなら1時間の休憩時間は軽食と仮眠に費やす。 しかし、寝倒したので、眠くない。 なので、いつもは仮眠している時間にブログの書き直しをしている。 さて、「書き直す」と言ったが、何を書こうか? 最近は「眠い」としか言っていない。 由々しき事態、…

121

どうにもこうにも腰が重い。 よっこらせと持ち上げるのに時間がかかる。 何の感情も湧いて来ない。 どうにもこうにも目蓋も重い。 最近は本当に開けるのに時間がかかる。 立て付けの悪いふすまのように開かない。 腰の重さと目蓋の重さが合わさると、銅像の…

120

だだだだと勢い。 私に眠る破天荒が目覚める。 頭が痛いから、思考するのは放棄。 とにかく、言葉を転がしていく。 人生は切り開いていくものだと、人生を謳歌する人間が言う。 しかし、本当にそうなのか? 切り開かれるほど人生が豊かだからできるのであっ…

119

頭がズキズキと痛む。 普通に体調が悪い…気がする。 勝ち負け以前に、これは危険な気がするから、棄権する。 即ち、もう終わり。 投稿します。

118

水浅葱色の雲が波打つように丹念に空を覆い、その雲にうっすらと朱色の日の光が入る朝。 仕事から帰って一息吐いていた所に、インターホンが鳴った。 返事をして出てみると、母が愛犬を連れて立っている。 「散歩に行って欲しい」と言う母、母の困惑した声に…